告白のタイミングはいつ?成功率が上がる場所や曜日や方法9選

告白にはベストタイミングや場所というものが存在します。あなたはそれを知っていますか?このタイミングを誤ると、どれだけいい感じになっていた2人でもカップル成立が遠のいてしまう危険性があるんです!今回はそんな告白のタイミングや成功率が上がる場所や曜日についてクイズ形式でご紹介します。

<スポンサーリンク>


1.午前と夜はどっちが告白成功しやすい?

日中or夕方

気になる女性とデートの約束をしていて、今日は絶対に告白するぞ!とあなたが意気込んでいるとします。その場合、告白をする時間帯は午前中と夜のどちらのタイミングが告白成功しやすいのでしょうか?

正解は「夜」です!!

人間は午前中に頭が特に活発に働くようにできているんだそうです。その為、告白の返事に対しても活発に働いて冴えわたっている頭であれこれと考えてしまうんですね。ですから、午前中に告白をすることは絶対にNGと言えるわけです。

逆に、夜になると人間の頭は思考がぼんやりとしてくるんです。一日の疲れがたまり、睡眠の時間が近づいていることがその大きな理由です。夕方の夕日が登ってくるくらいの時間から、頭が疲れすぎる深夜になる前くらいの時間が告白のベストタイミングですよ♪

2.季節は春夏秋冬いつが告白成功しやすい?

春夏秋冬

では、春夏秋冬、どの季節が一番告白成功しやすいのでしょうか?

答えは「秋」です。

これは脳科学的にも証明されていることなのですが、人間は秋に発情期を迎えると言われているのです。その為、秋に告白をすると成功しやすいと言うことになりますね。また、寒い時期になると人恋しくなったり、クリスマスが近いこともあります。だから、発情期と言う理由以外にも告白成功のタイミングとしては、最高の季節だと言えるかもしれません。

3.電話とLINEどっちが告白成功しやすい?

電話orLINE

気になるあの子に告白して、両思いになりたい!でも、どうしても直接会って言う勇気が……と思った時、あなたならLINEと電話、どちらで告白をしますか?

どちらかというなら「電話」が有効です。

やっぱり告白は直接された方が嬉しいと言う人は多いので、できるのであれば直接告白できるのがベストです。でもどうしても勇気が出ずに、告白しないまま恋愛が終わるぐらいならLINEや電話を使ってでも気持ちは伝えた方が良いでしょう。

しかし、LINEやメールは結局文字だけの告白になってしまうので、相手にあなたの気持ちが伝わりにくいですし、本気なのかな?と疑問に思われてしまうこともあるでしょう。でも、電話であれば顔が見えなくても声は伝わります。声は表情以上に気持ちを伝えてくれるものだったりするので、あなたの本気度をきちんと伝えることができるでしょう。

絶対にやってはいけない!何の脈絡もなくLINEで告白すること

例えば恋愛関係の話をしていたとか、そんな脈絡もなく、突然「好きだ」とLINEで伝えることは絶対に避けましょう。これをされると相手の真意がわからずもやもやしますし、もし、気になっている人だったとしても、告白を素直に受け入れることができなくなってしまいます。

<スポンサーリンク>


4.デート中と別れ際どちらが告白成功しやすい?

7374814454_2e302550b1_m

今日は気になるあの子とデート!絶対に告白するぞーと考えている時、デートの最中と、別れ際、どちらが告白成功しやすいと思いますか?

答えは、「別れ際」になります。

これはまず、デート中に告白をして、もし断ったら、2人の間には気まずい空気が流れてしまうことを考えます。その点別れ際の告白であれば、結果がどうなっても、スマートにデートを終わらせることができます。それに、別れ際の名残惜しいと感じている時なら、告白を受け入れてもらえる確率があがります。

別れ際の告白方法としておススメなのは、一度「バイバイ」と言って別れてから、相手を追いかけて「やっぱりどうしても今日話しておきたいことがある」と言って告白をするパターンや相手の家に着いたら、「今日のデートすごく楽しかった。最後にいいたいことがあるんだけどいいかな?」と告白するパターンです。

これらの共通点は最後に相手を引き留めているということ、この「引き留める」という方法が告白に置いてはとても効果的なんです。別れ際に告白を考えているのであればぜひ使ってみて下さいね

5.初デートと3回目のデートはどっちが告白成功しやすい?

love-316640__480

気になるあの子から、ついにデートのOKを貰った!デートしてくれるってことは俺に好意があるってことだから、今日告白してOKだよね?それとも数回デートを重ねて俺のことを知ってもらってからの方がいいのかな……?あなたはどちらが正解だと思いますか?

正解は、「3回目のデート」まで待つことです。

初デートをOKして貰ったからと言って、相手の女性があなたに好意を持っているかどうかと言うのは、分からないものなのです。女性は「とりあえず一回デートしてみようかな」ぐらいの軽い気持ちで男性とのデートに応じることは良くあります。ですから、初デートでの告白はよほどの自信が無い限りは避けた方が無難でしょう。

では、なぜ3回目のデートが良いのか。初デートは相手を知るために、2回目のデートは自分を知ってもらう為に、そして3回目のデートはお互いの仲を深めるためにデートに応じる女性が多い為なんです。お互いの仲を深めたいと思っていると言うことは、これは相手があなたに好意を持っているからと考えても良いでしょう。ですから、告白をするのであれば3回目のデートがベストなタイミングだと言うことになるんですね♪

3回目のデートで相手の仕草や言動をチェックしながら、これはいけると思ったら別れ際に告白しましょう!ストレートに「ずっと好きでした」と言うのが、意外と心には響くものですよ♪

もし、まだ相手の気持ちがはっきりわからないな……と不安に思っても、5回目のデートまでには告白できるタイミングを探った方が良いでしょう。いつまでたっても告白しないと相手から愛想を尽かされてしまう可能性もあります。

6.イベント前とイベント当日どっちが告白成功しやすい?

gift-444519__480

やっぱりクリスマスはカップルでと考える人は多いだろうし、クリスマス前に告白してカップル成立させておきたいよな……。でも、イベント当日ならその場のノリで告白成功っていうパターンも考えられるだろうし……。告白が成功しやすいのは、一体どっちなのでしょうか?

正解は、「イベント当日」になります。

告白成功しやすいのは「イベント当日」が正解になります!!もちろん、イベント前も上記のような理由で告白が成功しやすくなっている期間ではあります。でも、やっぱりそのイベント当日の方が、特別感もあり、女性の気持ちも高まっていますから、告白をOKしてくれる確率はぐっと高まると言えるでしょう。

7.室内か外かどっちが告白成功しやすい?

室内or屋外

告白する場所を何処にするかは男性の一つのテーマでもあります。雰囲気は大事にしたいけど外だと誰かに聞かれて恥ずかしい思いをしちゃわないだろうか・・・。室内だとやっぱり自宅に呼ぶのがベストなんじゃないかな・・・。一体どちらが告白の場所として相応しいのでしょうか?

正解は「屋外」になります。

何故なら外ではいつもよりも開放的な気分でいられる分、OKサインを出しやすいという利点があるからです。室内ですと相手の事を考えて断りにくい状況です。たとえ、凄く寒かったり、暑かったりしても、いつかは良い思い出になるでしょう。

8.平日か休日かどちらが告白成功しやすい?

平日or休日

自分の休みの都合に合わせて告白したら何となく自分本位ではないだろうか?とついつい考えてしまいがちですね。だから、相手の休みの日に合わせて告白した方が良いと思うはずです。平日と休日、どちらに告白をされたら嬉しいでしょうか?

正解は「休みの日の前日」です。

ここでは金曜日と言っておきましょう。仕事のある平日に告白をされても仕事が手付かずになり、告白自体の事を忘れてしまいがちになります。しかし、休日の前日であれば翌日にしっかり告白を受けるべきか断るべきか考える時間ができるわけです。

せっかくいい感じできているのに、告白を焦り過ぎてしまってダメになってしまうこともあります。これからのお付き合いのことを考えたら、少しくらい考えてもらう時間を上げても良いのではないでしょうか。「明日休みだったら1日考えてみてよ」くらいの余裕をぜひ持っていてください。

9.テンション上がっている時か下がっている時かどちらが告白成功しやすい?

テンションが高いor低い

ずっと好きな人の事を見てきたあなたなら、相手が今どんな気分であるのかを読み取ることができると思います。告白する時はテンションが上がっている時なのか、それともテンションが下がっている時なのか、どちらが正解なのでしょうか?

正解は「テンションが下がっている時」です。

その理由は、嬉しい時に告白をしてもその嬉しさに紛れて、告白された事の嬉しさが半減してしまうからです。逆に落ち込んでしまっている時の告白は何倍も効果を発揮するでしょう。人間は落ちこんでしまっている時程に人肌を求めたくなります。その効果を利用して、嫌な事があったんだろうなと思った日に、ぜひ告白を実行してみて下さい。

蜘蛛の糸ではありませんが暗いどん底に立っているならば、あなたの告白が救いの手となることもあるかも知れません。少し卑怯な手を使うようですが女性の心理を覗くということです。弱い心に言葉は響いてしまうのです。

VIA:Pixabay,gatag,ぱくたそ

<スポンサーリンク>

コメントを残す