Googleアドセンス審査に落ち続けた私が1週間で承認された方法まとめ

Googleアドセンスの審査を不承認になった回数は、誰より多いはずです。具体的には、数えていませんが、間違いなく、過去10回以上申請しました。その時も、ネットで言われているアドセンス審査を承認される方法を数々やりましたが、申請が承認されることはありませんでした。

しかし、今回は、申請から2日目で承認のメールが届きました。でも、それは、ネットで言われている情報とはあまりに違うブログを作成して承認されたのです。そんな私の経験を踏まえながら、Googleアドセンス申請が承認されるブログづくりについてご紹介します。

<スポンサーリンク>


アドセンス申請が承認されない!

morning-1369446__480

私が、承認される前、過去2回(1回につき、少なくとも5回は審査の申し込みをしています。)、Googleアドセンス審査をしています。それは、2016.7と2016.9です。1度目は、日記ブログで大丈夫という情報だったので、その様な内容のブログで提出し、何度、申請しても、1次審査すら承認されませんでした。2度目は、Youtubeアドセンスをしようとして、もう一度、アドセンス用に作成した内容で、記事を書いて、Googleアドセンスを申請しましたが、承認されることはありませんでした。

だから、別のgmaiのアカウントを取得し、Youtubeのためのアドセンスアカウントを取得しました。そして、2017.3にブログを収益化しようと思い、もう一度、申請してみることにしたのです。ただ、今回は、すでに、Youtubeのアドセンスアカウントを取得しているため、アップグレードをすることです。その方法は、こちらのページを参考にしました。

参照:ホスト型 AdSense アカウントを使用して自分のサイトに広告を表示する

YouTube アカウントを通じて AdSense に登録した方が、他のホストドメインに広告を表示する場合は、トップレベル ドメインを AdSense にお知らせください。現時点では、YouTube を通じて作成された AdSense アカウントで別のホスト型プロパティを収益化するには、トップレベル ドメインを AdSence にお知らせいただくことでアカウントをアップグレードする以外に方法はありません。

アドセンス申請をするなら、知っておきたいこと

DI_IMG_5705_TP_V

まず、アドセンスプログラムポリシーウェブマスター向けガイドラインを読みました。これが一番大事です。だって、Googleが、「これを守れよ。」と言っているわけですから。

次に、こちらをブログを作り直しました。

参照:審査に合格する為のサイトの作成方法と再審査の注意事項

これを見ていただければ、分かると思いますが、「ガチでアドセンス用のブログを作れ。」と言ってます。つまり、申請用にブログを作る必要はありません。あなたのブログを読んで、「役に立った」とか「また、見に行きたい」と思ってもらえるようなブログを作ること、そして、今は、スマホでブログを見る人が増えているので、スマホユーザーにも優しいブログを作ることが、アドセンス申請には、必要なことなのです。

アドセンス承認のために、やったこと

SAYA160312140I9A3606_TP_V

では、改めて、審査に合格するためのサイトの作成方法について、一つずつ見ていきましょう。

1.独自ドメインですか?

Blogger以外のホストアカウント以外では、独自ドメインのサイト以外、審査対象外になります。(これは、よく言われていることですね。)

私は、このブログを申請時に提出しているので、もちろん、WordPressで作成した独自ドメインのサイトになります。

2.サイトのコンテンツの量と質

最低30記事、1記事1000文字以上のものを用意しましょう。カテゴリーの記事が少ないと審査に通りにくいことがあるようです。例えば、30記事で30カテゴリーのブログだと、一つのカテゴリーに1記事のみとなるので、これだと、少ないと審査に通りにくいことがあるようです。

過去2度アドセンスを申請した時に書いた記事と今回の申請に合わせて書いた20記事と合わせて、50記事ほどありました。自分としては、過去に書いた記事も「読者のために」と書いた記事でしたが、内容はかなり残念な感じのものもありました。だから、今回、改めて、見直して、加筆修正をしました。(全てが終わる前に、審査は承認されました・・・)

3.サイトのナビゲーション

サイトマップは作成していますか?カテゴリー分けをしていますか?ユーザーがちゃんと自分の知りたい記事にたどりつけるような仕組みを作りましょう。また、運営者情報とGoogleアドセンスについてのことは、書いてありますか?他の方の書いてあるポリシーをコピペして、自分なりに、加筆しておきましょう。ちなみに、私のものは、こちらになります。

参照:運営者情報

サイトマップは、WordPressのツールの中に、自動生成できるものがあるので、導入しておきましょう。私は、1回目の申請時に導入してありました。

4.記事の書き方

見出しはつけていますか?<h>タグを有効に使いながら、分かりやすいサイト作りをしましょう。段落をつけて、読みやすく、しかし、文章の途中で、改行しないこと。画像や動画を適度に入れると、より言いたいことを伝えられますよ。もちろん、著作権フリーのものか、自分で撮影したものにしましょう。

私は、今まで、一列30文字くらいにするのが読みやすいと聞いていたので、文章が終わっていなくても、区切りが良いところで改行していました。これを見て、慌てて、記事をすべて見直し、最初から、文章を編集しなおしました。

5.ページの表示スピード

表示速度が遅いと、審査に影響するようです。こちらで、チェックしておきましょう。

参照:ページスピードインサイト

ちなみに、私のページは、70%でしたが、審査は承認されました。だから、目安程度に見ておくと良いでしょう。

6.リンクと広告が近くにないこと

広告が誤クリックされないように、広告とリンクは近くにないほうがよいみたいです。ブログ下にある「ページトップに戻る」ボタンはない方が良いのでは?ということでした。

7.審査に落ちたら、次の申請は2週間後にしましょう

審査が不合格になっても、アドセンスの紐づけが解除されるのに2週間程度かかるため、すぐに申請を提出しても、機械的に落とされてしまいます。次回の申請は、2週間後にしましょう。

これは、知りませんでした。以前、審査が不承認になったら、次は、1週間後に申請していました。もしかすると、これも、審査が承認されなかった原因かもしれません。もし、思い当たるようでしたら、申請頻度を見直してみてください。

まとめ

mobile-698624_1280

Googleアドセンスに、10回以上も審査が不承認になって思ったことは、最低限、アドセンスをするための準備をしてから、申請をしたほうが良いということです。結局、ネットで言われているように、「画像なし」「タグなし」「リンクなし」のブログでは、申請が承認されず、「画像あり」「タグあり」「外部リンクあり」のブログを作成したら、申請が承認されました。

ただ、外部リンクを張る場合には、リンク先のサイトについても、Googleのプログラムポリシーに沿ったものかを判断してからにするようにしましょう。

あとは、自分がパソコンから作成して、見やすく作っても、他の端末から見ると、全く違った表示になるので、そのあたりを配慮しながら、文章の書き方や画像の量を考えてみるという習慣をつけていくようにしましょう。

VIA:Pixabay,ぱくたそ

<スポンサーリンク>

コメントを残す