体温める飲み物の簡単レシピ9選!体を冷やす意外な飲み物とは?

寒い季節になってきましたね。特に、外にいると、体が冷えてしまい、温かい飲み物が欲しくなります。体温めるには、しっかりと3食食べることがとても大事です。でも、温かい飲み物=体を温めるとは限らないって、ご存知でしたか?

確かに、温めて飲めば一時的に体を温めることはできるが、結果として体を冷やしてしまう飲み物もあるのです。今回は、本当は、体を冷やしてしまう飲み物と体を温める飲み物をご紹介します。

<スポンサーリンク>


身体を冷やす飲み物には、どんなものがあるの?

hot-green-tea-with-heart-art-1462332274KMe

身体を冷やす飲み物は、暑い地域で栽培されているものから作られたものです。それは、どんなに温めてから飲んでも、体を冷やす飲み物なのです。例えば、”コーヒー”は、その代表格です。コーヒーの生産量は、1位ブラジル、2位ベトナム、3位コロンビアと続き、暑い地域で栽培されています。つまり、暑い地域で多く飲まれているため、体を冷やす作用が強くなります。

他に身体を冷やす飲み物として、不発酵茶といわれる緑茶や抹茶、暖かい地域で収穫されるバナナ、パイナップル、マンゴー、スイカなどで作られた果汁系のジュース。そのほか、牛乳、豆乳、水、ビール、ウィスキー、焼酎、などがあります。

身体を温める飲み物の特徴

tougarasi

身体を温める飲み物のは、次のような特徴があります。

1.冬が旬の果物として、イチゴ、リンゴ、みかん、柿、ゆず、レモン、キウイがあります。確かに、みかんは、こたつの上に、ドン!とのっているイメージが強いですよね。

参照:冬の果物(フルーツ)7選!旬な時期やおすすめの種類は?

2.利尿作用の高い飲み物を飲むことで、身体の余分な水分は、体を冷やすと言われるので、それを排泄することによって、体が冷えないようになると言われています。

3.発酵している食品は、栄養価が豊富になると言われており、お茶なども発酵しているとしていないとではその作用がかなり変わります。

4.香辛料は、新陳代謝を高めるため、体を冷やす作用を弱めることが出来ます。

体を温めるおすすめの飲み物9選

TSU85_koucyanotpod_TP_V

体を温める飲み物は、手軽に作ることができ、いつでも飲むことが出来れば、良いですね。今回は、簡単に作れるレシピをご紹介します。

1.適量のしょうがとスティックシュガーをお湯で溶かすだけのしょうが湯。これを飲むだけで、体がポカポカして、結構長い時間温かいのでオススメです。

2.梅醤番茶の作り方は、梅干しの種を抜いて、実の部分を少しとり、醤油をひとかけ、生姜を少し入れて、番茶を注ぐだけです。特に、朝、飲むのがおすすめです。

3.ヨーグルト+すりおろし生姜+蜂蜜

4.紅茶+すりおろし生姜+蜂蜜

5.ホットミルク(ミルク+蜂蜜or砂糖)

6.ココアミルク
ココアには、「ポリフェノール」による手足の毛細血管も広げる効果があるので、冷え性にもオススメです。

7.発酵したお茶として、紅茶・プーアール茶・ウーロン茶・ほうじ茶・麦茶など

8.地中で育ったものを使ったお茶として、タンポポ茶やごぼう茶など

9.黒豆茶、しょうが湯、赤ワイン、日本酒、紹興酒、など、基本的に色の濃いものは体を温めます。

まとめ

publicdomainq-0003418xtl

温かい飲み物を飲んでも、体が温まるとは限りません。むしろ、逆に、体を冷やしてしまうものもあります。冬が旬のもの、利尿作用の高いもの、発酵しているもの、香辛料は、体を温める作用があるものなので、心がけてとるようにすると、辛い冷え性が、少しだけ辛くなくなるかもしれません。今年の冬は、手足の冷たさを感じずに過ごすことが出来るとよいですね。

VIA:Pixabay,gatag,Switchbox,まとめNAVER

<スポンサーリンク>

コメントを残す