ふくろい遠州の花火の駐車場有の穴場と帰りの渋滞を避ける方法

夏の風物詩と言えば、「花火」ですね。花火は見に行きたいけど、人込みは苦手って思う人は、多いかもしれませんね。ふくろい遠州の花火を見たいけれど、会場の人込みの中で見るよりは、花火の見える場所から親子でゆっくりと見たいという人も多いでしょう。今回は、駐車できるふくろい遠州の花火の穴場スポットをご紹介します。

<スポンサーリンク>


ふくろい遠州の花火の穴場スポットとは

花火大会当日は、会場周辺で車で行くことは出来ません。しかし、それは、国道1号線側からのこと。距離的には遠くなりますが、国道150号線から行くと、袋井市内の南側に行くことが出来ます。今回、ご紹介する3か所とも、少し高台になる南側の場所となります。

駐車場もあるので、車で来ても、安心です。ふくろい遠州の花火大会の穴場は、エコパ駐車場、茶ピア、豊沢の丘公園です。それぞれ、場所を確認しましょう。

エコパ駐車場

掛川方向から見ると、こんな感じです。交差点を左折すると、エコパの駐車場です。当日は、14:00から駐車料金1000円で解放されます。混雑が予想されますので、早めの来場をオススメします。また、1㎞ほどのところに愛野駅がありますので、コンビニやスーパーで買い物することは出来ます。

参照:ふくろい遠州花火の駐車場は開催日程と有料チケット販売はいつからか

茶ピア

割と広い駐車場があること、夕方までは、お店のトイレが使えるので、小さいお子さん連れだとよいかもしれませんね。同様に、花火大会当日は、相当な混雑が予想されます。

豊沢の丘公園

3か所とも、高台なので、打ち上げ花火はきれいに見ることが出来ます。ただ、当日の風向きによっては、煙で見えないこともあるかもしれません。近隣の住民の方たちに迷惑にならないように、路上駐車はやめるようにしましょう。

ふくろい遠州の花火の渋滞を避ける方法

花火終了後は、一斉に帰宅されますから、相当混みあいます。もちろん、車も同様です。

帰りは、ナビで【ロックタウン大須賀】を検索し、国道R150を目指しましょう。ロックタウン大須賀で休憩(国道沿いの大きな建物で、22時まで営業しています。)国道150号線に出るようにすれば、袋井市内を迂回できますので、距離的には、遠回りになりますが、渋滞なく帰宅することが可能です。

まとめ

traffic-jam-688566__480

今回は、車で行ける穴場を3つご紹介しました。どこも混雑が予想されるので、よく見える場所で見るなら、早めに行くのがオススメです。また、車で行く時には、国道1号線ではなく、国道150号線を利用されると、大きな渋滞もなく、到着することが出来ます。安全運転を心がけて、花火大会を楽しんでくださいね。

VIA:Pixabay

<スポンサーリンク>

コメントを残す