タイミングを間違えると浮きまくる!スーツを衣替えする最適な時期って?

今まで、普段着は、気温に合わせて、調節していたけれど、スーツは、どんなタイミングで衣替えをしたらよいか分からない・・なんてことはありませんか?

暑いからと言って、夏服で出勤したら、先輩は、3シーズン用のスーツを着ていたら、職場で浮いてしまいそうですね。そうならないためにも、スーツを衣替えする最適なシーズンについて、知っておきましょう。

<スポンサーリンク>


 一般的にも『最適!』と言われているスーツ衣替えのタイミング

PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V

学生の制服の衣替えのタイミングは、夏服は6月1日、冬服は10月1日とですね。しかし、スーツは、気温に合わせて、衣替えをしてよいのか迷っちゃいますよね。

特に、最近は、暑い時期が長いので、暑いのに、3シーズン用のスーツは着たくない、そんな気持ちになるのは、よく分かります。

しかし、一般的に言われている衣替えの時期まで待った方が無難でしょう。職場でクールビズを実施している場合には、その時期に合わせて衣替えをしましょう。もし、実施していなければ、やはり、6月1日まで待った方が無難ですね。

また、クールビズを実施している職場も増えてきましたね。その様な時には、出勤時も、上着を着ないで、長袖シャツで出勤している方もいます。しかし、訪問先に行く機会がある場合には、職場に上着をおいていて、ネクタイをつけるようにすると良いでしょう。

スーツを衣替えする前に必須!な、お手入れや保存方法

gatag-00003086

スーツをしまっておくと、袖口やエリが黄ばんでいた!なんてことはありませんか?こうなってしまうと、着られなくなってしまいます。そこで、どのようなお手入れをしたら、黄ばむことがないのでしょうか。

黄ばみが起こる原因は染みついた汗、皮脂の酸化なので、保管で黄ばみが浮き出るのは汗や皮脂が生地に残っているということです。

毎日の積み重ねの汚れなので、しまう前にクリーニングに出したからと言って防げるものではありません。毎日の洗濯の前に、エリだけでも、石けんをつけてモミ洗いするだけでも、黄ばみは防げますよ。

また、冬物をしまう時、コートは、アイロンが大変なので、素材に関わらず、クリーニングに出した方がよいですね。

マフラーやセーターは、高級な獣毛製品や高級ブランド品はクリーニングに出した方よいですが、化繊や化繊混紡、ウールでも普段着にしているようなものなら、手洗いで十分です。

ジャンバーのようなポリエステルの素材で、手洗いのマークがついている場合には、洗剤につけて、押洗いするだけでも、十分に汚れを落とすことが出来るでしょう。

スーツなど、クリーニングに出した時に、ビニール袋に入っていますが、自宅へ持ち帰ったら、すぐに、捨ててしまいましょう。なぜなら、ビニール袋に入っていると、カビの原因となるからです。もし、ほこりが気になる場合には、衣類カバーをかけておきましょう。

まとめ

urban-438393__480

職場での衣替えのポイントは、「周りに合わせる」という事です。

例えば、クールビズを実施している会社の場合、前もって、「この日からクールビズを始めます。」とお知らせしてくれるでしょう。そうでない職場の場合には、一般的な衣替えのシーズンである、6月1日と10月1日前後に行うようにすると、職場で浮くことが少なくなりますよ。

また、シャツは、毎日のお手入れが大事です。エリや袖は汚れが落ちにくい場所なので、石けんをつけてモミ洗いの後、洗濯機に入れると、久しぶりに着ようと思ったら、黄ばんでいた!なんてことも防ぐことが出来ますね。

せっかく、気に入って購入したスーツですから、お手入れをしながら、長く着られると良いですね!

VIA:Pixabay,ぱくたそ,gatag

<スポンサーリンク>

コメントを残す