ご祝儀のお返しの相場とは親戚へはいつ贈ればよいのか?

親戚からご祝儀をいただいて、結婚式をしない時には、お返しをする必要がありますが、相場ってどれくらいなのだろうかと迷ったことはありませんか?また、事前にご祝儀をいただいた場合、いつ、お返しをすればよいのか分からないことがありますよね。今回は、ご祝儀のお返しの相場とは親戚へはいつ贈ればよいのか?をご紹介します。

<スポンサーリンク>


 ご祝儀のお返しの相場とは?

N695_ichimanensatu_TP_V

通常、ご祝儀の相場は、3割から5割と言われています。しかし、結婚式をする場合には、食事と引き出物がお礼となりますので、その他のお返しは不要です。

また、ご祝儀をいただいたけれど、結婚式に出席しなかった方には、お返しが必要になります。

しかし、親族から高額のご祝儀も頂いたのに、結婚式を挙げない場合には、お返しをする必要があります。その場合には、3分の1返しくらいになるのは普通で、祖父母様や親御さんから更に高額のお祝いを頂いた場合は、4分の1返し、5分の1返しくらいになったりもします。どうしてよいのか分からない時には、お母様に相談してみると良いでしょう。

ご祝儀のお返しをする場合、親戚にはどのようにすると良いのか

grandparents-1054311__480

贈るものとして、オススメなのは、カタログギフトと商品券です。それぞれ、取り寄せて、自分で発送する時に、手紙を添えて送ると喜ばれますよ。

そして、何よりも、あなたたち家族が幸せに暮らしていけていることが、見守ってくれている親戚にとっては、嬉しいことなのです。だから、時々でも会いに行ったり、年賀状を送ったりするなど、良いお付き合いを続けていきましょう。また、過分にご祝儀をいただいた時には「新婚旅行のお土産」として、ちょっと高価な物を渡すと、快く受けとってくれますよ。

ご祝儀のお返しの相場が半返しだからと言って、高額(たとえば、50万円とか)のご祝儀の半額も返されるのは、贈った方も本意ではないでしょう。また、親の場合には、お返しをもらうよりも、母の日に子どもたちを連れて遊びに来てくれる方がうれしいようです。いつまでも、親子としてのつながりを忘れずにいてくれることを一番喜んでくれるでしょう。

だから、相場にこだわることなく、「気持ちを贈る」ようにすると、相手も、あなたの想いを分かってくれることでしょう。

ご祝儀のお返しをする場合、いつ贈ればよいのか?

003_1024

結婚は、いつするのか、分かっているので、事前にご祝儀を持ってきてくれる親戚も多いかもしれませんが、お返しをするのは、結婚してからになります。

結婚したら、なるべく早めに送るようにしましょう。もし、準備できる時には、結婚後、1か月以内には到着するように手配しておくと忘れないですね。

まとめ

bloom-1836315__480

ご祝儀のお返しの相場は、3割から半返しになります。しかし、親戚の場合には、ご祝儀の額に関わらず、結婚式を行った場合は、それ以上のお返しはひつようありません。

ただし、結婚式を行わなかったが、ご祝儀をいただいた場合には、結婚後、カタログギフトと商品券に手紙を添えて、贈ると喜ばれるでしょう。

VIA:Pixabay

<スポンサーリンク>

コメントを残す