ご祝儀の表書きと金額の書き方とは2万円にする時はお札の正しい向きがあるの?

結婚式に出席することになったけれども、ご祝儀の表書きや金額の書き方って、どうやって書いたら良いか分からないことはありませんか?また、ご祝儀に2万円を入れる時、どのお札を何枚入れたらいいかとか、正しいお札の向きがあるのかが分からないことはありませんか?そんなこと、今さら人に聞けないと思うけど、間違っていたら、恥ずかしいですよね。今回は、ご祝儀の表書きと金額の書き方とは2万円にする時はお札の正しい向きがあるの?をご紹介します。

<スポンサーリンク>


ご祝儀の表書きと金額の書き方のお手本

blue-1284240__480

ご祝儀の表書きは、世帯を代表する者一人の名前を書きます。夫婦で出席する場合には、ご主人の名前だけで良いでしょう。そして、中の袋に、表は金○万円とかき、裏に名前と住所書く時に、名前を、夫婦連名にします。

また、奥さんの関係で奥さんが一人出席する場合、奥さんの名前にします。特に、ご主人とは交流がないと、ご主人の名前のみを書いても、先方には、誰のご祝儀なのか分からなくなりますね。もし、ご主人の関係に奥さんが一人で出席するようなことがあったら、ご主人の名前を書くようにしましょう。ちなみに、金額は、表に「金 ○萬円」というように書きます。

ご祝儀の金額が2万円にする時のお札はどうしている?

yen-1576311__480

ご祝儀に2万円を入れると良くない理由は、偶数は2つに分けることができるため「別れる」といわれているからです。

また、易学には陰陽という考え方があり、数字にもそれがあてはめられています。偶数は陰、奇数は陽とされ、お金を包む場合はなるべく陽の数字である奇数になるようにします。

しかし、最近では、「2」に関しては、ペアになるという意味にとる方が多く、あまり気にしていない人が多いです。だから、2万円のご祝儀は、1万円札2枚を入れる人が多数派になってきています。

逆に、2万円のご祝儀が、1万円札1枚と5千円札2枚入っていると、「1万円札がなかったのか。」と思う方もいるようです。だから、2万円のご祝儀に関しては、あまりこだわることなく、1万円札2枚を入れても良いでしょう。

ご祝儀のお札には正しい向きがあるの?

GREEN_I20140125_TP_V

中包みは祝儀袋に入っていた状態で入れてるようにしましょう。お札の方向は、ご祝儀袋から出した時、お札の顔の面が表で上側に来るようにし、さらに、向きを揃えるのが良いでしょう。また、額の違うお札を入れる時には、上から1万円札、5千円札、千円札という風に入れます。そして、お札は、新札を用意するようにしましょう。

まとめ

dinner-1284245__480

結婚式に夫婦で出席する時は、表書きにご主人の名前を書き、中の袋に表に金額を書き、裏に住所を書く時に、夫婦連名にすると良いでしょう。

また、ご祝儀に2万円を入れる時は、1万円札2枚入れても、「別れ」を連想する人は少ないので、1万円札2枚で良いでしょう。お札の方向は、ご祝儀袋から出した時、お札の顔の面が上側に来るようにし、向きをそろえるように入れ、新札を用意しましょう。

VIA:PIxabay,ぱくたそ

<スポンサーリンク>

コメントを残す