ご祝儀は必要ないのか会費制の結婚式の場合はいつ渡せばよいのか?子連れの時は

北海道では会費制の結婚式が当然なのですが、本州でも増えてきているようですね。自分は招待して式を挙げ、ご祝儀をもらったのに、友人の結婚式は会費制だと、もらった金額の方が多くて、どうしようと考えてしまう人も多いかもしれませんね。今回は、会費制の結婚式にご祝儀は必要ないのか、また、ご祝儀を渡すとしたら、いつ渡せばよいのかをご紹介します。

<スポンサーリンク>


ご祝儀は必要ないのか会費制の結婚式

banquet-453799__480

会費制の結婚式の場合、会費は、お財布から出して支払います。祝儀袋や封筒に入っていても、結局は確認のため、受付で金額を確認されます。

だから、ご祝儀と思い、会費以上のお金を入れても、返されてしまうケースもあります。

通常、会費制の結婚式に参加する場合には、ご祝儀は必要ありませんが、もし、ご祝儀を渡したい時には、ご祝儀袋を別に用意するようにしましょう。つまり、会費は、財布から出し、ご祝儀は、ご祝儀袋に入れるという事です。

ご祝儀を渡したい時には、会費制結婚式の場合はいつ渡せばよいのか。

blue-1284240__480

自分の結婚式の時に、友人から3万円頂いている場合には、ご祝儀も渡したいですよね。その時には、当日はバタバタしているので、遠方に住んでいて、当日にしか会えない時以外は、事前に渡すようにしましょう。

当日にプレゼントを渡そうと考えている方もいるかもしれません。しかし、渡す方は一つかもしれませんが、頂く方は、かなりの数をもらうことになります。そうすると、持ち帰ることが出来ないという事も考えられます。だから、出来るだけ、プレゼントは、前もって渡しておくとよいでしょう。

会費制の結婚式の子連れで参加する時は?

baby-165067_1280

一般的には食事を用意しない子どもの会費は無料です。小学生くらいでそれなりの食事をとるような子どもでも、実費程度の会費を必要とする場合には、事前に知らせてくるでしょう。実際には、結婚式では、子どもを連れてくる人が少ない場合がほとんどなので、無料にしておくケースが多いです。だから、出席のはがきを出す時に、一緒に子どもを連れて行く場合には、年齢も書いておくと親切ですね。でも、子どものために、食事を出してもらうのは、申し訳ないと思いますね。そんな時には、相応のお祝いを贈るとよいでしょう。

まとめ

marie-1566268__480

会費制の結婚式の会費は、財布からお金を出して支払いをしても、失礼にはならないです。また、ご祝儀は、持参しなくても大丈夫です。もし、ご祝儀を渡すなら、出来れば、事前に渡しておくと良いでしょう。

また、会費制の結婚式に子どもを連れて行っても、子どもが食事を食べる年齢だったとしても、無料としてもらえることが多いです。

VIA:Pixabay

<スポンサーリンク>

コメントを残す