札幌ドニチカキップで行けるデートスポット「水曜どうでしょう」聖地巡礼

かつて、HTBでは、「水曜どうでしょう」という番組を放映していました。今も、ファンは多く、聖地巡礼として、訪問しているそうです。

今回は、ドニチカキップで行けるデートスポットとして「水曜どうでしょう」の聖地であるHTBと平岸高台公園と地下鉄でちょっと寄り道できるところをご紹介します。

<スポンサーリンク>


「水曜どうでしょう」聖地巡礼1 HTB

現在は、南平岸駅から徒歩10分ほどの場所にありますが、2018年の開局50周年に合わせて、中央区への移転が予定されています。この場所にHTBがあるのも、あと少しなのですね。ぜひ、Onちゃんを見に行ってあげてくださいね。

2223208_detailImage1

キャプション

玄関に、グッズを販売しているコーナーがあり、水曜どうでしょうのグッズを購入することが出来ます。ファンなら、欲しくなるグッズがたくさんありそうですね。

「水曜どうでしょう」聖地巡礼2 平岸高台公園


HTBのわきの道を左折するとすぐにあります。

750px-平岸高台公園

キャプション

この公園で、『水曜どうでしょう』の前枠・後枠(番組本編の前後にあるワンコーナー)を撮影してからは、番組ファンの中で「聖地」として取り上げられ、「巡礼」の対象となっています。

HTBからすぐの場所にあり、番組のファンだと、このあたりで、こんなシーンが撮影されたんだなと分かるので、感動すること間違いなしですね。

「水曜どうでしょう」聖地巡礼 番外編

大泉洋さんの友人が経営しているとテレビ番組でも紹介された「潤焚(じゅんたく)」は、地下鉄南北線中島公園駅から行けます。

2770f88d27ca5982963bd4ed21b12781

キャプション

おすすめは、北海道産の材料を使用し、化学調味料不使用のどろどろ系スープのラーメンです。残りスープにご飯を入れて食べると絶品だそうです。

・・・からの中島公園はどうでしょう?

c031-024-s

キャプション

中島公園内にある菖蒲池では、4月下旬から10月中旬にかけて、ボートに乗ることが出来ます。料金は、一隻40分600円で、営業時間は、9:00~17:00 最終貸し出しが16:20です。

春には、桜が咲いて、きれいですね。ボートからの様子はこちらからご覧ください。

中島公園では、6月14~16日には、「北海道神宮祭」が行われ、屋台が並び、多くの人が訪れます。また、春には桜、秋には紅葉も美しく、街中にある公園とは思えないくらい、のんびりと過ごすことが出来ます。また、冬は、雪明りまつりを開催するなど、イベントも多数開催されています。

札幌ドニチカキップで行くなら、札幌駅周辺もおすすめです。

札幌駅周辺のおすすめデートスポット

改めて、「水曜どうでしょう」とは?

tv-team-1251276__480

キャプション

1996年10月9日に放送が開始され、レギュラー出演者は鈴井貴之と大泉洋、ロケ同行ディレクターは藤村忠寿ディレクターと嬉野雅道ディレクターの2名。基本的にこの4人が無謀な旅をする番組でした。

この番組の中では、旅の道中に繰り広げられるタレントとスタッフのケンカ、罵り合い、座席や料理をめぐる醜い争い、愚痴などをそのまま放送されていました。それが、口コミなどで「面白い番組」という噂が広がり、人気番組となりました。

2002年にレギュラー番組は終了しましたが、不定期に新作を発表したり、DVDや「どうでしょう本」などを発売し、今も根強い人気があります。

まとめ

大型onちゃん

キャプション

「水曜どうでしょう」が好きな人なら、一度は訪れたい聖地をご紹介しました。まだ、豊平区にHTBがあるうちに、平岸高台公園とともに、訪れてみてはいかがでしょうか?

ドニチカキップを使えば、札幌駅や大通りやすすきのに行くことも出来るので、組み合わせてデートコースにしてみるのもいいかもしれませんね。「水曜どうでしょう」が好きなら、ぜひ、行ってみてくださいね。

<スポンサーリンク>

コメントを残す