中学生カップルがデートで手をつなぐ方法とタイミングとは

ようやく、デートの約束が出来た!瞬間って、本当にうれしいですね。そして、デートまでも、どこへ行こうか、何をしようか、彼女が喜んでくれることはどんなことだろうか・・なんて、考えていると、本当に、ワクワクしますね。

で。やっぱり、デートをするからには、彼女と手をつなぎたいと思いますよね。今回は、中学生カップルがデートで手をつなぐ方法とタイミングについてご紹介します。

<スポンサーリンク>


中学生カップルがデートで手をつなぐ方法

couple-1838940__480

中学生カップルがデートで手をつなぐ時には、彼女に一言言ったほうが良いでしょう。なぜなら、本当に好きなら言われることで彼女もドキドキときめくし、恋愛楽しめるでしょう。さらに、聞いてみることで、彼女が嬉しいならOKだし、まだダメなら「もう少し待って」と意思も伝えやすいですね。確かに、あなたが、早く手をつなぎたいという気持ちは分かりますが、彼女の気持ちを考えずにいると、「こんな人とは思わなかった。」となり、別れの原因ともなってしまいます。焦らず、彼女が、あなたと手をつなぎたくなるまで待ちましょう。

ただし、積極的な女の子もいるので、あなたが手をつなごうと言ってくれるのを待っていることもあります。そんな彼女は、あなたに近づいてきたり、さりげなく、二の腕や肩を優しく叩いてくるようなボディタッチをしてくるでしょう。そんな時には、そっと手をつないでもよいでしょう。

中学生カップルがデートで手をつなぐタイミングとは

affection-2178174__480

初めて、手をつなぐ時って、すごく緊張しちゃいますよね。たった一言なのに、「手をつなごう」ってなかなか言えないものですよね。

そんな時に、一番オススメのタイミングは、待ち合わせてすぐに、「おはよう。手をつなごう。」と言ってみることです。意外と思うかもしれませんが、会ってすぐなら、あいさつみたいに言えますよね。もちろん、彼女に「う~ん。」って言われちゃうこともあるかもしれませんが、彼女だって、きっと、デートを楽しみにしていたと思うのです。だから、嬉しい気持ちになってくれると思いますよ。

もし、断られても、まだ、諦めないで。しつこくしてはいけないけれど、時間を空けて、もう一度聞いてみましょう。そのタイミングは、昼食や休憩の後が良いですね。二人で座って、話をしていると、だんだん緊張もほぐれてくるかもしれません。そして、食べ終わって、席を立つときに、「手をつなごう。」と言ってみるとよいですね。

もしかすると、緊張で手汗がひどくて、気になってしまい、手をつなぐよりも、腕を組みたいと思っているかもしれません。そのあたりも確認してあげると、親切ですね。その心づかいに、キュンとしちゃいますね。
<スポンサーリンク>


中学生カップルがデートをする

vest-1031127__480

中学生カップルがデートをする時に、手をつなぎたいなと思っている人は多いのです。しかし、いつ、手をつないで良いのか分からなかったり、相手が嫌がらないかと不安になったりして、結局タイミングが分からず、手をつなぐことなく終わってしまう事も多いでしょう。とにかく、一日楽しく過ごすことは出来て、彼女と仲良くなれたのなら、また、チャンスもあるでしょう。

しかし、自分の気持ちだけで、女の子の同意がないまま、手を触ろうとしたり、キスをしたりすると、嫌われる原因となってしまいます。まずは、彼女の気持ちに合わせて、少しずつ仲良くなっていきましょう。なぜなら、女の子は、男の子と接して、少しずつ、好きになるものです。色々なことをきっかけにして、お互いのことを分かりあえるのが一番良いと思います。

手をつないで歩くには、イオンのデートもオススメです!

中学生カップルがイオンでおすすめのデートコース何をする手をつないでもいい?

まとめ

love-1731755__480

中学生カップルがデートで手をつなぐ方法は、まずは、彼女の気持ちを確認することです。自分は、早く、手をつなぎたいし、キスをしたいしと思うかもしれません。しかし、まずは、彼女の気持ちにあわせましょう。少しずつ親しくなっていくことで、あなたのことが好きになり、手をつないでみたいという気持ちになるかもしれません。そうしたら、自然と近づいてきてくれたりします。その時に、彼女の気持ちを聞いてみると断られる可能性も低くなるかもしれませんね。

でも、本当は、あなたと手をつなぎたいけれど、恥ずかしいとか、手汗が気になるという理由で、やめておこうと考えてしまうこともあるようです。そんな彼女の気持ちも、少しだけ分かってあげてくださいね。心の距離も体の距離も焦らず、ゆっくりと近づけていきましょう。

VIA:Pixabay

<スポンサーリンク>

コメントを残す