夏バテの症状をチェック!原因と予防法

暑い日々が続くと、何だかだるいことや食欲がなくなることもありますね。もしかして、これって、夏バテ?そう思ったあなたは、チェックしてみてください。夏バテになる原因や予防法についてもご紹介しているので、やってみてくださいね。

<スポンサーリンク>


夏バテの症状をチェック!

buj0149-001

夏バテ(なつバテ)とは夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状。本来は秋口に体調を崩した際、夏に体力が弱った影響で体調を崩した状態のことを言います。主な症状は、全身の倦怠感・思考力低下・食欲不振・下痢・便秘など。時に頭痛・発熱・めまい、痙攣などを伴うこともあります。

夏バテと間違いやすくて、命に関わるものに、熱中症があります。症状は、脱水症状があるだけでなく、体の自律的なコントロールが効かない状態になります。特に、高熱が出ている場合には、緊急に病院へ行く必要があります。

また、何もしないのに涙が出る、動悸、倦怠感、食欲不振(3kg痩せました)、不眠、常につきまとう不安感などがある時には、うつ病等の可能性がありますから、心療内科に受診しましょう。

夏バテの原因

beach-house-interior-1505461__480

夏バテの原因としては、クーラーの効いた涼しいところと外の暑さの繰り返しにより、体の調節機能がうまくいかなくなってしまうことにあります。つまり、自律神経のバランスの乱れてしまうのです。特に、暑くなると、体温を保とうとして、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃がそうとします。しかし、クーラーのきいた部屋にいると、その必要がありません。そのため、暑い室外と涼しい室内の温度差に体が対応しきれなくなります。

夏バテの予防法

fried-1789965__480

夏バテの予防法としては、疲れをためないことと冷房をかけすぎないこと、そして、栄養と水分をしっかりととること、運動をすることがあります。順番に詳しく見ていきましょう。

 とにかく、休養が大事

OZP86_kubigaitaidesu_TP_V

夏バテの原因は、疲れていることなので、日々、暑さで内臓も体も疲れているのです。こんな時には、休むのが一番です。体を壊してしまう前に、「少しだるいかな?」と思ったら、少し早めに寝るようにしましょう。また、疲れをためないように、帰宅後の腰湯もおすすめです。

腰湯で疲れをとりましょう

antique-2043759__480

1.腰の高さまで「体温より少し低い温度(34度程度)」のお湯を張り、浸かります。 たまには桶で全身にお湯を掛けます。

2.1にお湯を足しながら「体温より少し高い温度(38度程度)」にします。 たまには桶で全身にお湯を掛けるようにします。なお、お湯を足すと水かさが増すので、浴槽内に腰掛を入れるか、お湯を抜くようにしましょう。

3.1から始め、10分間浸かり、お湯を足し終わったら自然とお湯の温度は下がっていくので、下ったらまたお湯を足してB程度にしてください。これを3、4回繰り返します。

4.お風呂から上がったら体を拭いて着替え、常温の真水をコップ一杯飲みます。

5.30分程横になりましょう。

栄養をとるように心がける

japanese-1777446__480

ビタミンやタンパク質の不足も夏バテを招くため、食事は豚肉や大豆・魚、野菜など色々な食品をバランスよく摂るようにしましょう。夏バテが悪化すると、食欲がなくなることもあるかもしれませんが、少しでも良いので、口当たりの良いものや食べたいものを食べるようにしましょう。

特に水分補給が重要で、夏場は軽い作業でも1日2~3リットルの汗をかくため、意識的に水分を取るようにしましょう。でも、冷たいものをとりすぎると、夏バテが悪化してしまうので、常温の飲み物を飲むようにしましょう。また、ジュースは砂糖のとりすぎになるだけでなく、冷えを悪化させますので、出来るだけ控えるようにしましょう。

特に、夏バテには、ビタミンB1が良いといわれています。特に、豚肉は多いといわれています。もし、油っぽくて食べられないなら、冷しゃぶ風にすると、ゆでることで、油も落ちて食べやすくなりますよ。また、うどんにのせて、お好きなめんつゆをかけて食べると簡単においしく食べられます。

冷房は体の負担がないようにする

person-864863__480

冷房を入れる際は、体に負担がかからない様に室温と外気の差を5°C以内にすることが望ましいでしょう。それが出来ない場合はひざ掛け・カーディガン等で調整するようにします。また、眠る時には、タイマーをかけて、一晩中、クーラーをつけっぱなしにするのはやめましょう。

運動することを習慣にする

SEP_285515080337_TP_V

運動は30分から1時間以内くらいが望ましいです。なかなか、時間がとれないという方は、エレベータを使うのをやめるとか、少し早めに出て、最寄り駅の一つ手前から歩くなどすると良いかもしれませんね。特に、早朝だと涼しいので、無理なく出来そうですね。

ただし、運動不足の人がいきなり運動をしたりせず、無理のない範囲で行うようにしてくださいね。また、治療中の方は、医師に相談のうえ、行うようにしましょう。

まとめ

150415502186_TP_V

夏バテとは夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状です。主な症状は、全身の倦怠感・思考力低下・食欲不振・下痢・便秘など。時に頭痛・発熱・めまい、痙攣などを伴うこともあります。

夏バテの主な原因は冷房にあります。冷房のきいた部屋と暑い室外との温度差で自律神経失調症状が起きて、夏バテになります。だから、なるべく、冷房は室外との温度差を5度以下にして、夜はタイマーをかけるようにしましょう。また、口当たりの良いものを食べ、体温よりも低い飲み物を飲まないようにする、無理のない範囲で運動するように心がけましょう。

VIA:Pixabay,ぱくたそ

<スポンサーリンク>

コメントを残す