父の日の花と言えば黄色いバラではなかったの?花言葉から見たオススメは?

父の日に贈るものと言えば・・黄色いバラと思っていたのですが、別に、決まっていたわけではないことが分かりました。そうだとすれば、父の日に花を贈るとすれば、どんな花を贈ればよいのでしょうか。今回は、父の日の花と言えば黄色いバラではなかったのか?花言葉から見たオススメの花をご紹介します。

<スポンサーリンク>


 父の花と言えば黄色いバラではなかったの?

yellow-1563144__480

ところで、母の日はカーネーションですが、では、父の日にプレゼントする花とは何でしょうか。

答えは・・バラです。父の日発祥の国、アメリカでは存命している時には、赤いバラ、亡くなっている時には、白いバラを供えるそうです。

 父の日の由来を知りたい方は、こちらも読んでみてくださいね。

参照:父の日の由来は父を思う気持ちから始まったの? 父の気持ちと喜ぶこととは

では、どうして、日本では、父に日に黄色いバラを贈る習慣が出来たのかと言うと、日本ファザーズ・デイ協会で、父の日には、お父さんにプレゼントを贈る時に、感謝の気持ちを込めて、黄色いリボンをつけて送りましょうと呼びかけたからなのです。さらに、アメリカでは、父の日に赤いバラの花を贈る習慣があります。この二つを合わせて、日本では、父の日には黄色いバラを贈りましょうとなったようです。

黄色いバラの花言葉とは?

verny-park-1361597__480

バラ全体の花言葉は、愛・美・嫉妬・あなたを尊敬します・愛情・美・温かい心・照り映える容色・私はあなたにふさわしい・内気な恥ずかしさ・恋になります。

ちなみに、バラには、それぞれの色に花言葉があり、バラ(黄)の花言葉は、愛情の減退・やきもち・嫉妬・君のすべてが可憐・美になります。

実は、イギリスでは黄色は身を守る色とされてきています。

イギリスでは古来、「黄色」は身を守るための色とされていました。「黄色」がアメリカに渡って「黄色いリボン」となり、「愛する人の無事を願うもの」となりました。

黄色にはステキな意味があります。 『うれしさ』『楽しさ』『暖かさ』『幸せ』『富貴』『希望』『向上』などがそうです。

黄色を好む人の性格は 、『世の中の人の役に立ちたいと願う豊かな心』『喜びに溢れる快活な心』『進歩的で未知な物を志向する心』『新しいより良い可能性への道を求める心』などを合わせ持った人が好む色と言われています。(ソース

黄色のイメージは良いのですが、黄色のバラの花言葉は、あまり父の日のイメージではありませんね。また、日本では、恋人に愛を伝えるために贈るというイメージがあります。もし、父の日にバラを贈る場合、6月にきれいに咲くお花と合わせたり、他の色のバラと合わせたりして、花束を作るようにするのがオススメです。

父の日に贈るなら花言葉から見たおすすめの花とは

lgf01a201304160900

父の日に贈るなら花言葉から見たおすすめの花をご紹介します。父の日は6月第3日曜日なので、この時期にきれいに咲く花を日比谷花壇の「6月の誕生花」を参考にして、ご紹介します。

カンパニュラ

campanula-595224__480

花言葉:望み

鐘形の大きな花が斜め上向きあるいは横向きに咲き、たいへんに豪華です。カンパニュラというのは「小さい鐘」という意味で、花の形を形容したものです。北半球に育つ花で、ヨーロッパでは大変人気のある花です。

オトメギキョウ

balloon-flower-1535929__480

花言葉:大切な人

鮮やかな紫青色のベルのような小花が群がり咲く、カンパニュラの鉢物では最も代表的な種類です。満開に咲いた姿は見事です。草丈は10~15cmの矮性種で、性質は丈夫です。花は、円錐状につくか、柱頭に1個つくことが多いです。

アジサイ

flowers-1524383__480

花言葉:はにかみ

日本のアジサイをヨーロッパで改良したもので、セイヨウアジサイとともいいます。広く庭園などに栽培されています。

アジサイの語源ははっきりしないが、もっとも有力とされているのは、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったとされている説です。

ヘリオトロープ

valeriana-officinalis-848738__480

花言葉:献身的な愛

ペルー・エクアドル原産ですが、夏目漱石の「三四郎」の中にも出てくる様に、明治の中頃には日本に渡来し栽培されていました。ちなみに、ヘリオトロープには、ギリシャ語でhelios(太陽)+trope(向く)で、「太陽に向かう」という意味があります。まさに、元気よく咲く花と言うイメージなのかもしれませんね。

まとめ

book-1771073__480

日本で、父の日に黄色いバラを贈ることになったのは、アメリカでは、父の日には赤いバラを贈ることになっていたことと日本のファザーズ・デイ協会が、黄色いリボンをしてプレゼントしましょうとの呼びかけを合わせたためと考えられます。

黄色いバラの花言葉には、「愛情の減退」「やきもち」「嫉妬」があります。だから、父の日のプレゼントにするには、どうなのかと感じる人もいるかもしれませんね。もし、気になる場合には、6月の花で、父に贈りたい花言葉のものと組み合わせたり、黄色だけでなく、他の色のバラも組み合わせてたりすると、良いでしょう。そうすると、いつもは、なかなか口に出して言えないことも、花言葉を通じて、伝えられるかもしれませんね。

VIA:Pixabay

<スポンサーリンク>

コメントを残す