クリスマスツリーは、いつ出していつ片付けたらいいのか?飾りを手作りするコツは?

クリスマスに向けて、飾りつけをしたい・・そんな時期になってきました。クリスマスといえば、年末。今年も、あっという間の一年だったと思っている、そこのあなた!!私と同じです。どうして、一年って、こんなに早く過ぎてしまうのでしょうか。

ここ10年くらい、屋外でも、イルミネーションをして、楽しんでいる家がたくさんあって、見るだけでも楽しいですね。だけど、クリスマスの飾りは、いつから飾って、いつまでにしまえばよいか、分からないですよね。今回は、そんな疑問にお答えします。

<スポンサーリンク>


クリスマスの飾りは、いつから飾り始めても良いのか?

girl-2044303__480

最近、10月にハロウィンイベントがあり、なんとなく、クリスマスがかすんでいるというか、もう、いいんじゃないかという声もちらほら聞こえてきますが、やっぱり、年末に向けての行事の一つですから、楽しんじゃいましょう。

ということで。今回は、クリスマスの飾りのおはなしです。クリスマスの飾りは、いつから始めればいいんだろうか?と考えたことはないですか?クリスマスの飾りは、11月中旬ごろから始めるとよいでしょう。なぜなら、クリスマスを待ち遠しいと感じられるからです。

実は、クリスマスは、冬至が終わって、数日後なのには、理由があるのは、ご存知ですか?それは、秋から冬にかけて、少しずつ日が短くなり、冬至は、一年で一番、日の出ている時間が短くなります。つまり、闇の時間に近づくわけです。

クリスマスは、その闇の時間に近づく不安を解消するために行われていると言われています。そして、冬至の数日後、イエスキリストの誕生。これは、希望の光を表していると言われています。(諸説あり)

だから、日々、日の当たる時間が短くなるための人々の不安は、クリスマスの頃、解消されるというわけです。気持ちを明るく持って、クリスマスを迎えましょう。

クリスマスの飾りは、いつ片づければよいのか。

christmas-table-1909796__480

欧米では、クリスマスとお正月は、一緒にお祝いします。歌でも、クリスマスとお正月は、一緒にお祝いしているものがあります。だから、欧米では、クリスマスが終わっても、飾りは年明けまで出しておくそうです。

でも、ここは日本。クリスマスの飾りをしまうことなく、日本のお正月用品を出すと、何のお祝いをするのかが、分からなくなってしまいます。それに、日本では、クリスマスのものを、クリスマスが終わってからも出していると、「なんて、みっともないんだ。」とか「しまい忘れかな?」とか思われてしまうわけです。

だから、クリスマスが終わったら、なるべく早く、遅くとも、27日までにはしまいましょう。そして、気持ちを切り替え、年末の準備を始めるのがよいでしょう。

クリスマスの飾りを手作りしたい

christmas-1868355__480

11月中から、クリスマスの準備を始めると、手作りで、クリスマスの飾りを作ることも可能ですね。クリスマスの飾りを松ぼっくりやどんぐりやツタ等で作ると、とてもステキですね。

ただ、自然にあるもので、オーナメントを作ろうとするなら、雪が降る地域では、雪が積もる前に、拾いに行く必要があります。まず、クリスマスの飾りを自然のもので作ろうとして、心配なのは、「虫」ですよね?松ぼっくりやどんぐりを、そのまま使うと、中から虫が、出てくることがあります。また、ツタのような枝にも、同様に、虫がついていることがあります。

それには、松ぼっくりやドングリは、軽くした洗いをしてから、レンジで、手で触れなくなるくらいまで、チンしておきましょう。そうすると、中にいる虫が出てくることはありません。また、枝は、良く絞った布で、拭いておきましょう。これをするだけで、虫が出てくることがなくなります。

まとめ

snow-1088470__480

クリスマスの飾りは、11月中旬ごろから、飾り始めて、12月が入る頃には、出来上がっているようにするのが、オススメです。また、クリスマスの飾りは、遅くとも、27日までには、しまいましょう。なぜなら、日本のお正月の準備が出来ないし、クリスマスの飾りをいつまでも残しておくと、「なんて、だらしない。」と思われてしまうからです。

VIA:Pixabay

<スポンサーリンク>

コメントを残す