結婚前にお中元を両親へ贈ってもいい結婚しても贈っていない人は?

彼とのお付き合いも長くなってきて、そろそろ、結婚も見えてきた頃、両親とのお付き合いについて考えることも増えてくるかもしれません。そして、彼の両親の家に訪問することになった時、持っていくのは、お中元なのかな・・なんて考えたことはありませんか?今回は、結婚前にお中元を両親へ贈ってもいいのか、それとも、結婚してからがいいのでしょうか。さらに、両親へ贈るお中元やお歳暮を贈っていない人はどうしているかについて見ていきましょう。

<スポンサーリンク>


 結婚前にお中元を両親へ贈ってもいいのか

grandparents-1054311__480

身内へのお中元は元々、分家が本家への先祖供養の供え物を贈る事が習慣化したものだと言われています。そのため、お中元は、結婚してから贈るものです。だから、結婚前にお中元を贈るのは、まだ、早すぎるという事になりますね。つまり、結婚前に、お中元を贈ってしまうと、両親があなたのことを礼儀知らずだと感じてしまうということです。

だけど、結婚前から実家へ行き、あいさつをしたり、食事を御馳走になったりと、色々お世話になることもあるかもしれません。そんな時には、何か、お礼をしたいと考えて当然ですよね。そのような時には、その気持ちを形にすればよいでしょう。まずは、彼に両親の好みをたずねてみたり、欲しいものをそれとなく聞いてもらったりすると、欲しいものを贈ることが出来ますね。それが難しいなら、自分が食べておいしかったものを贈ると喜んでもらえるでしょう。さらに、手紙やメッセージカードを添えると、あなたの気持ちも伝わるでしょう。

そして、彼の実家へ訪問する機会があるなら、お茶に合うお菓子を持参するなど、手土産程度にしておきましょう。その方が、「よく気が利く人だ。」と思ってもらえるでしょう。彼の両親に会うのは緊張するかもしれませんが、これから長い付き合いとなるので、印象はよくしておくことに越したことはないですね。

お中元を両親に結婚してから贈っていますか?

melon-555063__480

お中元を両親に結婚してから贈っているかどうかは、実はその家庭の事情によって違うようです。お中元と言うのは、お世話になった人に感謝の気持ちを伝えるために贈るものなので、両親に贈るのは、おかしなことではないでしょう。

しかし、あまり高価なものを贈ると、両親も気を遣ってしまうので、例えば、普段の生活で使うけれど、自分では購入しない長期醸造の醤油や海水から作った塩などの高級な調味料は、毎日の食事をおいしくしてくれるものなので、おすすめです。また、近くに住んでいる方だと、自分が食べたいものをお中元に贈り、一緒に食べることもあるようです。このように、お中元なのですが、両親に贈るものは、形式にとらわれず、喜んでもらえるものを贈る傾向にあるようです。

もし、両親へお中元を贈って、「気を遣うから、やめましょう。」と言われたら、お言葉に甘えてしまいましょう。

お中元を両親に贈っていない人はどうしているの

gift-444519__480

お中元を両親に贈っていない人は、他の機会にプレゼントを贈っている方が多いようです。最近では、父の日、母の日、敬老の日など、プレゼントを贈る機会はたくさんあるので、その時に、お中元ではないけれど、感謝の気持ちで贈っています。また、帰省時の手土産のみという方もいるようです。それでは、両親へお中元やお歳暮を贈らない人は、どのように感謝の気持ちを形にしているのか、見ていきましょう。

1.親同士がお中元を贈っている

culinary-1904915__480

我が家では、両親と義両親は、お中元を贈りあっています。お互いに遠方に住んでいるので、義両親は、地元のおいしいものを、両親からは、お酒を贈ることが多いようです。めったに会うこともないので、こういうことで繋がるしかないのかもしれませんね。

2.誕生日などにプレゼントを贈っている

gifts-1505216__480

お中元やお歳暮はよそよそしいと感じているので、誕生日や敬老の日などにプレゼントを贈る人も多いようです。両親の好きなものを聞きながら、本当に使えるものや好きなものをリサーチしてプレゼントをしています。プレゼントをするのは、お世話になっているお礼や感謝を形にしているという事なのでしょうね。

 3.両親が近所にいる時には、差し入れ感覚で

150819162185_TP_V

例えば、おかずをたくさん作った時に、交換し合ったり、出かけた時に、おいしいものを購入した時に、値札をついたままのものを上げたり、差し入れをもらったり、あげたりしています。こうすると、食事のワンパターンから抜け出せるし、食生活も豊かになりそうですね。まるで、ご近所さん感覚のお付き合いが出来そうですね。

 4.結婚して、両家が集まった時に、お中元は贈らないと取り決めてしまう

PAK14_bistoroqtable-thumb-autox1600-15659

家族になるのですから、お中元やお歳暮は家族で取り決めてしまいましょう。両親、義両親、自分たち夫婦の同意があれば、その家のルールにすると、「お中元やお歳暮って贈る必要があるかな?」なんて悩む必要がなくなりますね。他人から見たら、おかしいと思われるかもしれませんが、お互いの納得があれば、問題なしです。そして、お中元やお歳暮などに関係なく、本当に必要なもの、好きなものをプレゼントしたり、孫たちを連れて、会いに行った方が喜んでくれますよね。

まとめ

visitors-sofa-1405465__480

結婚前にお中元を両親へ贈るのは、あなたのことを礼儀知らずと感じる人もいるのでやめておきましょう。もし、結婚前に、義両親宅へ訪問するなら、おいしいお菓子などの手土産を持っていくとよいでしょう。

また、結婚後にお中元を両親へ贈るかどうかは、家庭によって違うので、お互いの気持ちを確認してからにするようにしましょう。また、両親へお中元やお歳暮を贈らない人たちも、訪問時に手土産を持参しています。さらに、父の日や母の日などに、両親が好きなものをプレゼントして、感謝の気持ちを伝えています。

お中元もプレゼントもお世話になっている人への感謝の気持ちだから、その気持ちが伝われば、形は関係ないですね。あなたが選んだプレゼントを両親が喜んでくれる、それだけで、嬉しいですね。

VIA:Pixabay

<スポンサーリンク>

コメントを残す