トイレ掃除の時に気になる黒ずみを落とす時サンドペーパーで傷つけない方法

トイレ掃除の時に、便座を上げてみると、ふちが黒くなっていませんか?しかも、ブラシでこすろうとしても、届かない場所なので、うまく落ちないのです。今回は、トイレ掃除の時に気になる黒ずみを落とす方法とサンドペーパーでこすった時に、便器を傷つけない方法についてご紹介します。

<スポンサーリンク>


トイレ掃除の時に気になる黒ずみを落とす方法

102-525x700

トイレ掃除の時に気になる黒ずみを落とす方法は、トイレ用の酸性洗剤をかけ、30分から1時間程度おいてからこすることとサンドペーパーでこすり落とすことです。では、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

トイレ用酸性洗剤をかける方法は、まず、水を流し、水が切れるまで待ってから、トイレ用酸性洗剤を返しの所にふりかけ、上からトイレットペーパーあるいはティッシュを貼り付け、30分から1時間ほど放置します。この時、汚れがひどい場合には、その上から洗剤を再度かけるようにしましょう。その後ティッシュを取り除いてブラシ等でこすります。歯ブラシだと、細かいところまでこすることが出来ます。

それでも取れにくいところは、塩酸を薬局で買ってきて歯ブラシにつけて汚れの部分をこすります。ただし、塩酸は劇薬なので必ず手袋を着用して、十分に換気をしてから行うようにしてください。もちろん、ハイターやカビキラーなどの漂白剤を混ぜるのは、絶対にやめましょう。塩素が発生してとても危険です。

サンドペーパーでこすり落とす方法は、どうしても黒ずみがとれない時だけにしましょう。確かに、サンドペーパーでこすり落とせば、黒ずみは落ちるのですが、便器表面も傷つけてしまいます。そうすると、便器が汚れやすくなり、掃除の手間を増やすことになってしまいます。

サンドペーパーでこすった時に、便器に傷をつけない方法とは?

broom-1837434__480

便器は陶器で出来ています。だから、サンドペーパーでこすれば、当然、傷がつきます。この方法は、トイレ用酸性用洗剤でも落ちなかった場合に行うようにしましょう。2000番以上の耐水性の紙やすりに水と石けんを付けて軽くこするようにします。水や石けんで滑りやすくすることにより、便器が傷つきにくくなります。また、指でこすると、力の入り具合が均等になりにくいので、傷がつきやすくなります。だから、消しゴムのような柔らかい形状のものにやすりを巻いて、一定方向へこするようにすると、便器に傷をつけにくいです。基本的には、サンドペーパーですべての黒ずみを落とすというのではなく、汚れをこすり落とすということになります。

トイレ掃除の時にサンドペーパーを使って、便器を傷つけてしまったら?

TAKEBE160224020I9A0351_TP_V

サンドペーパーで便器のふちの黒ずみは落ちてきれいになったけれど、便器を傷つけてしまった場合、どうにかならないのでしょうか。便器は陶器で出来ているので、表面は釉薬でコーティングされています。だから、ある程度の汚れは落ちるようにできているのです。しかし、サンドペーパーで汚れを落とした時に、表面を保護してくれている部分も一緒に削ってしまうと、汚れが付きやすくなってしまうのです。こうなってしまうと、買い替えるか、コーティング業者に依頼するしかありません。それが、難しい場合には、毎日、掃除をするようにしましょう。そうすれば、トイレも生活に保つことが出来ますよ。

まとめ

chamber-pot-1849578__480

トイレ掃除の時に気になる黒ずみは、まずは、トイレ用の酸性洗剤をかけて、ブラシやスポンジ、歯ブラシなどでこすりましょう。それでも、落ちなければ「塩酸」を使ってみましょう。そして、サンドペーパーを使用するのは、最終手段と考えましょう。黒ずみって、どうしても、キレイにしたいと考えてしまい、こすりすぎてしまうと、便器を傷つける原因となります。だから、全ての汚れをサンドペーパーで落とそうとするのは、やめましょう。

VIA:Pixabay,ぱくたそ

<スポンサーリンク>

コメントを残す