トイレを掃除してもまだ臭い時の対処方法消臭スプレーの作り方と原因

トイレを掃除しても、まだ臭いなと感じることはありませんか?トイレが臭いとトイレに行くのがゆううつな気持ちになったりします。トイレって、意外と細かい部品や見えない部分が汚れていることがあり、通常の掃除をしただけでは臭いがとれないことがあるのです。だから、こまめにトイレを掃除しても臭いと感じるのです。特に、家に男性が多い場合には、壁などにも付着していることがあり、毎日拭いても、臭いがとれないことがあります。今回は、トイレを掃除してもまだ臭い時の対処方法と原因についてご紹介します。

<スポンサーリンク>


トイレを掃除してもまだ臭い時の対処方法

20100925_narita_0462_w1600

家族に男性がいると、毎日掃除をしても、トイレの臭いがとれないことがありますね。こんな時には、ミョウバンスプレーが解決してくれます。

ミョウバンは、漬物の着色料や食品添加物として以前から使われています。また、古代ローマ人は、歴史上、最初に制汗剤として使用したと言われています。さらに、皮膚上で作られたニオイそのものを消臭する作用があります。特に、アルカリ性のニオイ成分であるアンモニアに対する消臭作用が強いのです。(ソース

トイレの消臭スプレーの作り方

laboratory-268551_1280

ミョウバンスプレーは、まず、原液を作ってから、希釈してスプレーにして使います。ミョウバンは無害と言われていますが、肌に異常を感じた時には、使用するのをやめましょう。また、ミョウバンの原液にはラベルなどを貼り、間違って飲まないように注意してください。

ミョウバンスプレーの原液の作り方

myouban_ireru

キャプション

材料は、ペットボトル500㏄ 1本 焼きミョウバン15g(生ミョウバン30g) 水道水500㏄ ※焼きミョウバンは、スーパーに50g100円程度で販売されています。

<作り方>
1.ペットボトルに水道水を入れる
2.焼きミョウバンを入れる
3.キャップを閉めてよく振る
4.そのまま1~3日置く
5.透明になり、ミョウバンが解けたら完成

※出来上がったら、冷蔵庫に保管し、早めに使い切りましょう。液体が濁ったり、効果が薄くなったと感じたら、質が落ちている証拠なので、破棄しましょう。

使用する時には、10倍に希釈して使用し、出来るだけ早めに使い切りましょう。(ソース

これをスプレー容器に入れて、トイレに常備しておきましょう。トイレの使用後や掃除の時に使用するようにすると、臭いが気にならなくなります。

トイレを掃除してもまだ臭い時の原因

broom-1837434__480

毎日、こまめに掃除をしていても、細かい部分まではなかなか手が届かないものです。それに、尿のアンモニア臭は時間が経つほど強烈になって染み付いてしまいます。もし、まだ、臭いが残っている場合には、掃除箇所に見落としがちなこちらを念入りに掃除してみると臭いがなくなるかもしれません。

1.便器のトラップ手前

wc-265278__480

水が溜まる部分よりさらに奥の返り部分まで手を突っ込んでしっかり洗うこと。反りがあるトイレブラシでも入り口までしか届きませんし、力が入らず洗い残しやすい部分です。出来るだけ、ブラシや手を奥まで入れて、しっかりとこするようにしましょう。

2.便器と床のスキマ

bathroom-1078917__480

ここにこぼれた尿が染み込んでいる場合にオススメなのは、使用済みの歯ブラシです。この部分は、拭き掃除だけでは手が届かないので、意外なほど汚れています。でも、使用済みの歯ブラシを使うことで、その部分に入り込み、汚れをとることができます。

3.壁面

laboratory-268551_1280

男性が立って用を足すと、どうしても飛び散ってしまうことがあります。また、蓋を開けたまま流すと水が飛び散り、壁に付着しやすくなります。だいたい腰板の高さまで、壁も拭き掃除をするか、前にご紹介したミョウバンスプレーを使ってみてください。

4.トイレの掃除道具

chamber-pot-1849578__480

トイレのブラシや雑巾が汚れている場合にも臭いの原因になることがあります。ブラシを保管している箱に水がたまっていませんか?また、ブラシが汚れていませんか?便器をきれいにするためのブラシが汚れていては、掃除をしてもきれいにならないかもしれませんね。

5.その他の原因

water-pipe-880975__480

その他の原因には、便器や配水管が破損している可能性があります。便器には臭いがこもらないように、水がたまっていますが、その水が少ない場合があったり、排水管にあるトラップ部分に水がたまらないと、下水管から臭いが逆流してきます。そのために、臭うことがあります。この場合には、配管工事の方に連絡して、見てもらう必要があります。

まとめ

woman-1006100_1280

トイレを掃除してもまだ臭いがとれない時は、ミョウバンスプレーを試してみてください。原因がアンモニア臭である場合は、ミョウバンの消臭効果で臭いを消すことが出来るでしょう。それでも、まだ、臭いがとれない場合には、掃除をしても手の届きにくい場所の汚れや配管が破損していることが考えられます。トイレの臭いの原因を知ることで、正しい対処法が出来ますから、1つずつチェックして、快適なトイレを実現しましょう。

VIA:Pixabay,gatag

<スポンサーリンク>

コメントを残す