大根をおろす簡単な方法とは?

大根を2本いただきました。いつもは、おでんにするか、野菜スープにするか、味噌汁に入れるか、くらいですが・・・それでは、野菜嫌いな娘たちが、おいしく食べてくれないのです。

野菜を大量消費しようとする場合、夫婦2人では、食べるのが、大変なんです。なんとか、子どもたちに食べてくれる方法はないのかと調べていたら、大根餅の作り方を見つけました。

参照:大根大量消費レシピ大根餅と保存法

・・・そしたら、大根一本、おろす。ムリですよ、むり、無理。でも、作ってみたいな・・ということで。大根をおろす簡単な方法を調べてみることにしました。

<スポンサーリンク>


大根をおろし金で簡単に下す方法

1.小さくする

00_PP28_PP_TP_V

大根をおろし金で簡単におろす方法は、「小さくすること」です。大根は太いので、おろすに力がいります。だけど、小さくしてしまえば、力をかけずにすみます。10×15㎝程度にすると、ほどよく、大根をおろすことが出来ます。だけど、大根1本、おろすのは、大変そう。

2.ミキサーにかける。

大根おろし、ミキサーにかけちゃえば、いいんじゃないか。それは、グッドアイディア。だけど、おろし金とは違って、ミキサーは、刃物を使って、大根を小さくするので、「大根おろし」ではなくて、大根が細かくなっただけ・・になり、食感が、今一つ、大根おろしと違います。

3.フードプロサッサーの機能に、大根おろし機能を使う。

IRIS16011456-3_TP_V

フードプロセッサーの中には、おろし金を内蔵して、大根をおろすことが出来るものがあります。それを使うと、まさに、大根おろしというものが出来ます。機械に任せちゃえば、自分もラクちんですし、おろし金で下すので、おいしくできます。

まとめ

woman-1979272_1280

大根おろしを、さんまの付け合わせにすることを考えると、やはり、おろし金の方が、食感も楽しめるので、よいでしょう。しかし、今回は、大根餅を作るために、大根を細かくしたいので、食感を求める必要はありません。だから、ミキサーを使ってみます。

大根をおろす場合、食感を大事にしたい場合には、おろし金で、大根餅など、加工する場合にはミキサーを使うというふうに、目的によって、方法を変えてみるのが良いでしょう。

<スポンサーリンク>

コメントを残す