ふくろい遠州花火の駐車場は開催日程と有料チケット販売はいつからか

夏!と言えば、花火ですよね。今年も花火の季節となりました。せっかく、有料席を購入して、予定を開けて行こうと思うけれど、さて、子どもも小さいし、大勢で行きたいから、車で行きたいですよね。そこで、ふくろい遠州花火の駐車場はどうするのがオススメなのかをご紹介します。

<スポンサーリンク>


 ふくろい遠州の花火の駐車場はあるのか?

parking-825371__480

ふくろい遠州の花火は、運営側で近隣に駐車場は用意していません。だから、出来る限り公共交通機関で来るように呼び掛けています。しかし、小さい子どもがいると、公共交通機関での移動だけで疲れてしまいます。そこで、ふくろい遠州の花火を見るためにオススメの駐車場をご紹介します。

エコパ

例年、エコパは、花火大会の時に、駐車場の開放を行っています。14時から料金は1000円です。しかし、花火が見える穴場としても広く紹介されているため、早めに埋まることが予想されます。16時くらいまでには、到着されるとよいでしょう。動画で、2016年の花火大会当日の様子が紹介されていましたので、参考にしてみてください。

ルートは、国道1号線からではなく、国道150号線側からの方がオススメです。そうすれば、渋滞なくエコパへ到着することが出来ます。

参照:ふくろい遠州の花火大会の駐車場有の穴場と帰りの渋滞を避ける方法

エコパの駐車場の案内は、こちらをチェック!

周辺のJR駅前に駐車

traffic-jam-688566__480

愛野駅や袋井駅の駅前の駐車場は当日の利用が出来ません。そこで、周辺の駅の駐車場を利用しましょう。当日の利用でも駐車することは可能です。しかし、同様に考えている人も多いこと、15時頃から少しずつ列車の混雑が始まります。移動には、JRに乗車7分程度と移動時間が25~30分(混んでいることを考えると、もう少し見たほうが良いかもしれません。)1時間程度かかることを考えて、遅くとも、16時頃には到着しておきましょう。

磐田駅周辺

ふくろい遠州花火の西側に位置する磐田駅周辺には、7か所の駐車場があります。また、タイムズを利用され、帰りのTOKICA等のJRに乗車したICカードの提示で、最大料金が100円安くなります。

掛川駅周辺

ふくろい遠州花火の東側に位置する掛川駅周辺には、16か所の駐車場があります。

ふくろい遠州の花火の開催日程は?

fireworks-180553__480

2017年のふくろい遠州の花火は、8月11日(金)荒天時12日(土)です。

時間は、19時から21時の予定です。

ふくろい遠州の花火の最大の見どころは、全国から超一流の花火師が集まり、匠の技を披露します。さらに、高音質による音楽との絶妙な調和による打ち上げ花火などは、まるで、芸術作品を見ているような美しさです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ふくろい遠州の花火の有料チケット販売はいつから?

tickets-1056081__480

例年、一般席の有料チケットの販売は、6月下旬からとなっています。

良い席からなくなっていくので、早めに予約しておきましょう。

料金は、椅子席(あ)4000円 椅子席(A・B・C)5000円 ファミリー席6人まで20000円となります。打ち上げの場所は、「ふくろい遠州の花火 一般席配置図」と書いてある位置になります。参考にしてみてください。

一般席の有料の席は、このような感じになっています。

全国のファミリーマート等のコンビニで購入が可能です。

まとめ

2017年のふくろい遠州の花火の日程は、お盆に近いこともあるので、里帰りした親戚と見に行こうと考える人たちが多いかもしれませんね。そのため、有料チケットは早めに完売したり、例年よりも多くの人出が見込まれます。ぜひ、夏休みの楽しい思い出の一つにしてくださいね。

VIA:Pixabay

<スポンサーリンク>

コメントを残す