北海道を夏休みに小学生と旅行する日程やどこへ行くのがオススメ?

初めての北海道旅行へ小学生と一緒に旅行へ行くことにしました。もしかして、めったに行けないからと、詰め込みすぎの旅行計画を立てていませんか?気持ちは分かりますが、札幌から函館まで約250㎞あります。だから、あまり無謀な計画を立てると、移動で疲れてしまい、楽しめなかったなんて声をよく聞きます。そこで、北海道を夏休みに小学生と旅行する日程やどこへ行くのがオススメなのかご紹介します。

<スポンサーリンク>


北海道を夏休みに小学生と旅行する時に考えること

d722f2a14a84b7ad8053262f61a6106b_L

キャプション

北海道を旅行する機会も少ないかもしれませんが、子どもたちと一緒に旅行できる機会って、そんなに多くないですよね。せっかく、北海道に来て、バスに乗って、ツアーで観光するなんて、もったいないです。

そこで、北海道を小学生と旅行に行くなら、1ヶ所滞在・体験型の観光がオススメです。しかし、1ヶ所滞在はもったいない・・と大人は思うかもしれませんが、小学生ですし、大人みたいに「きれいな景色ね」「空気がおいしいね」だけじゃつまらないと思います。やっぱり自分で何かしたほうが子どもには(特に男の子なら!)楽しいのでは・・・。それに、せっかく北海道に来たのですから、自然は体で感じたほうが良いでしょう。もちろん、大人も楽しめますし、普段は出来ない経験にワクワクすることでしょう。

北海道に小学生と旅行する日程は?どこへ行くのがオススメ?

natural-1262404__480

大自然を満喫するなら、函館や新千歳空港から車で2時間半ほどの距離にあり、アクセスが良いニセコがオススメです。ニセコと言えば、冬になると外国人がパウダースノーを求めて、多く訪れる街としても全国的に有名になりました。しかし、夏でも、羊蹄山あり、急な川あり、温泉ありと何日でも滞在したくなる街です。

japan-1531653__480

東京発なら往路は、新幹線を利用すると、距離感を体感できます。東京発6:32のはやて1号に乗車すれば、函館北斗駅に10:57に到着します。(ソース

plane-2077178__480

もし、東京にお住まいでないなら、最寄りの空港から函館空港か新千歳空港の便にしましょう。

kiji1Img

キャプション

新千歳空港からニセコ方面へ向かうなら、直行して、ニセコでウインナーなどの手作り体験や、少し足を延ばして、真狩の「羊蹄の湧水」と知られる公園神仙沼へ行ってみると北海道を感じることが出来ます。

84eae7904f2a4646a6ede98c09c093d1-1

キャプション

話がそれちゃいましたね。

新幹線で函館北斗駅、もしくは、函館空港に到着したら、レンタカーで函館へ移動し、昼食は、ラッキーピエロがオススメです。ちなみに、ラッキーピエロは、北海道の道南地域にしかないハンバーガーショップで、チャイニーズチキンバーガーが一番人気です。かなりもボリュームがあるので、女性なら1つで満腹になります。その他のメニューもかなり量が多めなので、注文のし過ぎに注意しましょう。また、観光地近くの店舗は混雑しますが、少し離れた場所にある店舗は地元の人しか来ないので穴場です。ただ、地元でもかなりの人気店なので、食事時はかなり混雑します。(ソース

20081120220019-1024x768

キャプション

宿泊場所へ行く前に、国道を走ると、ニセコまで行く道沿いにある大沼に寄り道をしてみましょう。レンタサイクルがあり、大沼一周できたり、遊覧船に乗ったりすることが出来ます。また、おやつに、大沼だんごもおいしいです。(ソース

47e29f9fe96a1771642fb05ac8a8fd00_L

キャプション

ニセコでは、ラフティング、カヌー、トレッキングなど、様々なアクティビティが体験できます。一押しは、ラフティングです。雨の少ない夏場は、水量も少なく、比較的に安全に川を下ること出来ます。また、ライフガードをつけているので、ボートから落ちても安全ですし、ガイドが同船しているので、助けてもらえます。

お問い合わせは、NOAST または、NOC

yado7

キャプション

宿泊は、その時には、旧小学校を改造した施設への宿泊はいかがでしょうか?五右衛門風呂や囲炉裏、ウィンナーの手作り体験をすることが出来ます。

詳細は、冒険家族へお問合せください。

2泊3日なら、1日目の夕方に五右衛門風呂や囲炉裏での食事を楽しみ、2日目にラフティングをして、新千歳空港経由で帰るプランが良いでしょう。もう1泊できるなら、キャンプをして、トレッキングに行くのもいいですね。

まとめ

sausage3

キャプション

北海道に夏休み小学生と旅行をするなら、自然を体で感じることが出来て、普段できないような体験が出来ると良いですね。それだけで、夏の良い思い出となることでしょう。今回は、もし、私が道外に住んでいたら、「北海道に来て、楽しかった!」と思えるプランをご紹介しました。参考にして、夏休みの旅行プランを立ててみてくださいね。

VIA:Pixabay

<スポンサーリンク>

コメントを残す