浴衣は洗濯機で洗える?しまい方は?しみを落とせるクリーニング

夏祭りや花火の時に着た浴衣。暑い時期に着るので、汗をたくさんかくし、そのまましまうのは、どうなのかな・・と思いますよね。浴衣って、素材によっては、家庭で洗うことも出来るのです。また、長期間しまっておいたことによるシミや食べ物や化粧品などで汚してしまうこともありますね。せっかく、気に入っていたのに、シミがついていると着られなくなってしまいますね。今回は、浴衣は洗濯機で洗える?しまい方は?シミを落とせるクリーリングについてご紹介します。

<スポンサーリンク>


浴衣は洗濯機で洗ってもいいのか

gahag-003954

浴衣のグレードや素材にもよりますが、洗濯機で洗ってもよいでしょう。もし、購入時の説明書があれば、一読してみること、また、タグの洗濯表示を確認することをおススメします。洗濯機のマークか手洗いのマークがあれば、水洗いをしても大丈夫です。ただし、洗濯機を使用する場合、ちゃんと畳んで、ネットに入れ、手洗いコースで洗うようにしましょう。もちろん、手洗いをしたほうが浴衣の型崩れや解れを防げます。また、帯もしっかりとしたものなら、同様に洗うことが出来ます。

また、糊付けは、スプレー糊の方が手間はかかりませんが、糊を水に溶かしたものに、浴衣を入れ、全体にいきわたらせ、脱水をかけるようにした方が、テカることなくきれいに仕上がります。

 浴衣のしまい方

gatag-00003086

夏が終わって、浴衣をしまう時、糊をつけるとかびるか不安になりませんか?しかし、糊をつけるのは、汚れをつきにくくするためなので、来シーズン、気持ちよく着用するためにも、糊付けをしてからしまうほうが良いでしょう。

また、アイロンをかける時には、タグに表示されている温度に設定し、綿や麻は、霧吹きをかけながらドライアイロンをし、ポリエステルは、ドライアイロンをします。また、濃い色の浴衣にアイロンをかける時は、テカリ防止のため、裏からかけるか、当て布をし、色移りを防止するため、前身ごろと後ろ見ごろをあわせてかけるのはやめましょう。

アイロンのかけ方は、こちらの動画が参考になります。

また、浴衣の畳み方は、こちらの動画が分かりやすいです。

浴衣についたシミを落とせるクリーニング店をご紹介

wash-brush-1253969__480

浴衣を着て、何かを食べたり、飲んだりすることもあるかもしれません。その時に限って、普段以上に気をつけているのに、服を汚してしまうことがあります。せっかく、お気に入りの一枚を買ったのに、そんなことで、着られなくなるのは、すごくもったいないですよね。できれば、シミを落として、もう一度、着たいですよね。そんな時には、プロにお願いをしましょう。

京都にあるお店ですが、郵送料を負担すれば、遠方からの依頼も受けてもらえます。

着物修繕・加工 松川調整所

浴衣の場合、漂白系のシミ抜きが必要になる可能性が高くなり、地色が付いているものだと色も抜けてしまう可能性が高いためシミ抜きだけではなく染色技術も持っていないとシミ抜きを受けられないんですね。つまり、高い技術が要求されるのです。技術の高いクリーニング店をご紹介します。ご近所にあれば、直接持っていくもできるので、確認してみてくださいね。

まとめ

ironing-403074__480

浴衣を家庭で洗濯する時には、タグを確認してから洗うようにしましょう。手洗いの方が、型崩れはしにくいですが、洗濯機で洗うことは可能です。ただし、きちんとたたんでから、ネットに入れて手洗いモードで洗うことをおススメします。

シーズン終了でしまう時には、糊付けをして、来年着用できるようにしてしまいましょう。

また、浴衣を調味料や化粧品等でしみをつけてしまうこともあるかもしれませんが、きれいに落としたいなら、プロにお任せしましょう。こうすることで、しみは落ちたけど、周りの柄や色も落ちてしまったという事を防ぐことが出来ます。

VIA:Pixabay,gatag

<スポンサーリンク>

コメントを残す