七夕の由来と織姫と彦星の物語と日本三大七夕祭りとは?

七夕は、中国や韓国でもお祝いしますが、笹の葉に願い事を書いた短冊を飾る風習があるのは、日本だけのようです。今まで、空を見ながら、織姫や彦星を見ているだけでしたが、本当は、もっと深い七夕の物語があるようです。また、七夕の物語を知り、七夕祭りを始めた先人たちの思いを知ることで、より七夕祭りを楽しめるようになります。今回は、七夕の由来と織姫と彦星の物語と日本3大七夕祭りについてご紹介します。

<スポンサーリンク>


七夕の由来と織姫と彦星の物語

Jūnishi_nochi_ushi_-kengyūsei-_by_Yamamoto_Hōsui

キャプション

七夕のおはなしは、日本では、織姫と彦星の話として知られています。これは、こと座の一等星ベガとわし座のアルタイルの物語なのです。織姫は、天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘でした。彦星は、牛飼いをしている働き者でした。そのため、天帝は二人の結婚を認めたのでした。そして、めでたく夫婦となりましたが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなってしまいました。

そのため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離しました。しかし、織姫があまりに悲しむ様子を見て、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができました。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず彦星に会いに行くことができません。だから、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれています。ちなみに、催涙雨は織姫と彦星が流す涙といわれています。(ソース

日本3大七夕まつりとは?

YUKAC0I9A0125-thumb-autox1600-28561

最近、七夕祭りも増えてきていると感じますが、日本3大七夕まつりは、「仙台七夕まつり」「湘南ひらつか七夕まつり」「安城七夕まつり」と言われています。これらの祭りは、歴史も古く、様々な形で続けられてきています。いつもは、何気なくお祭りに参加していたかもしれませんが、歴史を知ると、また、違った目でお祭りを見学できるかもしれませんね。ここでは、七夕祭りの日程や歴史などを詳しく見ていきましょう。

1.仙台七夕まつり

450px-Sendai_Tanabata_Festival_2010

キャプション

仙台七夕まつりは例年7月7日の月遅れである8月7日を中日として、8月6日から8日の3日間にわたって実施されます。大規模な飾り付けがされるのは一番町や中央通りなどのアーケード街、仙台駅周辺などですが、街のあちこちに3000本ほど飾りつけられ、街が祭り一色となります。

歴史は、江戸時代初期、仙台藩祖の伊達政宗が婦女に対する文化向上の目的で七夕を奨励したため当地で盛んな年中行事の1つになったともされていますが、詳細は不明のままです。明治に入り、新暦が採用されると、年々七夕の風習は廃れ始めましたが、昭和2年、商店街の有志らによって大規模に七夕飾りが飾られると、大勢の見物客で商店街は賑わったため、次の年から今の日程での開催となりました。昭和21年、仙台空襲で焼け野原となった街に52本の竹飾りで仙台七夕は再開され、翌年には、昭和天皇巡幸の際、沿道に5000本の竹飾りを並べて大規模な飾りつけの「七夕祭り」が復活しました。(ソース

2.湘南ひらつか七夕まつり

450px-Hiratsuka_Tanabata_2008_daytime-1

キャプション

湘南ひらつか七夕まつりは、7月第一木曜から4日間の開催です。そのため、開催日に7月7日がないこともあります。

歴史は、1945年7月の空襲で焼野原となり、終戦後の1950年7月に復興まつりが開催されたのが始まりと言われています。翌年には、仙台市の仙台七夕まつりを模範とした第1回「平塚七夕まつり」が行われました。回数を重ねるごとに規模が拡大していきました。1973年の第23回平塚七夕まつりでは、駅ビル建設問題などの諸問題から平塚市がいったん開催中止を宣言しましたが、有志が立ち上がり、この年は、商工会議所が開催し、現在は、市と商工会議所が共同で開催しています。(ソース

3.安城七夕まつり

安城七夕祭り

キャプション

安城七夕まつりは、毎年8月の第1週の金・土・日に安城駅周辺の商店街を中心に開催されます。期間中は100万人を超す人が訪れ、七夕の竹飾りは1,000本に及び、地元では仙台七夕・湘南ひらつか七夕まつりに並び日本三大七夕祭りの一つ宣言していました。

歴史は、昭和20年代、安城市発足前の安城町において、地元の活性化を目指した商工会による夏行事として、花火大会や商店街の大売り出しが行われていました。昭和29年、本町の商店主と本町の津島神社の祭礼にあわせて夏行事を基本に七夕祭りの企画が提案され、他の商店街を巻き込んで第1回目の安城七夕祭りが開催されたのが始まりとされています。

今では、「願いごと日本一」へとコンセプトを変更し、竹飾りのストリートが日本一長いと言われ、同様に短冊の数、願いごとに関するイベントの数も多く開催しています。だから、願いごと関連のイベントを充実させることに比重を置いています。(ソース

4.阿佐ヶ谷七夕まつり

Asagaya_Tanabata_2015_02

キャプション

阿佐ヶ谷七夕まつりは、8月7日を中日として、5日間開催されます。

歴史は、昭和29年、阿佐谷地区への集客を目的として、全国各地の夏祭りを視察・研究した結果、七夕祭りを開催しました。期間中は、アーケードの入口に巨大なくす玉飾りが設置されます。また、アーケード内には、吹き流しや提灯に加え、各商店の手作りである人気キャラクターや、世相を反映した巨大な張りぼてが飾られ、多くの観光客や地元の人が訪れる祭りとなっています。(ソース

5.平七夕まつり

375px-Taira_Tanabata_Festival_1

キャプション

平七夕まつりは、8月6~8日にかけて行われるお祭りです。

歴史は、大正8年、七十七銀行が、現在の福島県いわき市平に支店を出し、仙台七夕にならって七夕飾りを始めたことがきっかけとして、その後、周辺の商店街で七夕祭りをしたことが始まりと言われています。さらに、昭和2年から、仙台では商店街が華やかな七夕飾りを始めました。昭和5年、東北帝国大学出身の医師・難波睦が平の自宅に医院を開業し、仙台七夕にならって自宅前に飾り付けを行いました。それが、街で話題となり、翌年から、商店街でも仙台の七夕にならって、本格的に飾り付けを行うようになりました。さらに、昭和56年にはいわき市制15周年を記念して「いわきおどり」を発表しました。当初は平七夕まつりとは別日程で行われていましたが、平成18年より祭りの最終日に組み込まれて、「気軽に参加できる踊り」をコンセプトに今日まで多くの市民に親しまれています。(ソース

6.戸出七夕まつり

375px-Toide_tanabata1

キャプション

戸出七夕まつりは、例年7月3日から7月7日までの期間に富山県高岡市戸出地区にて行われる祭りです。「日本海側随一の七夕まつり」「日本で最も由緒ある七夕まつり」「住民手作りのものとしては日本最大の七夕まつり」「日本一美しい七夕まつり」などと形容されています。

歴史は、江戸時代の加賀藩の政下では、寺子屋にて教わる習字の上達を牽牛織姫の2つの星に祈るための七夕祭が盛んに行われていました。明治維新後、青竹に赤くて丸い提灯や金銀などの色付き短冊を吊るして七夕を飾りつけ、7月6日夕刻より七夕飾りを町内で引きまわし、7月7日夜に新川にそれを流すという現在とほぼ同じかたちの七夕まつりが行われるようになりました。この頃から、戸出七夕まつりは、子どもの成長を願う行事となりました。子供のいる家庭では軒先に竹飾り出して、七夕まつりの日に親族が集まり子どもの健やかな成長を願うようになりました。現在では数千本という竹飾りが飾られる日本海側最大の七夕まつりとなっています。(ソース

7.福生七夕まつり

450px-Fussa_Tanabata_Festival.2011

キャプション

福生七夕まつりは、東京都福生駅西口を中心に8月7日を中心に木曜日から日曜日まで開催されます。

歴史は、昭和26年7月、仙台七夕まつりをヒントにして、第1回の福生七夕まつりを開催されたのが始まりとされています。昭和31年、福生特有の「壁面飾り」が登場しました。昭和43年から梅雨を避けて夏休み中の8月に開催されるようになりました。平成5年に警察の指導もあって露店が祭りから締め出され、変わって市民の模擬店が出店されるようになりました。2000年以降、商店街の衰退とともにここ数年寂しくなった七夕飾りに、2010年は市の補助金が出し、第60回七夕まつり記念、市制施行40周年記念ということで11年ぶりに花火大会も復活し、空前の人出でにぎわいました。最初は、商店街振興のために始められた七夕まつりですが、市民模擬店の出店を契機に、次第に市民の祭りとしての色合いが強くなってきています。(ソース

まだまだある!浴衣で行けるお勧めのデートスポットは、こちらの記事も参考になります。

浴衣で行けるお勧めのデートスポットは花火大会以外でありますか?

VIA:ぱくたそ

<スポンサーリンク>

コメントを残す