札幌市でソファーや大型ごみを処分するには市の回収か購入のどちらがいいのか

15年使ったソファーを処分したいのです。もう、何年も思い続けて、未だに、実現できていません。その理由は、2階に住んでいるということと、自力で1階へ下すことが出来ないということがあります。

実は、新しいソファーを購入した時に、無料で引き取ってもらうことも考えました。しかし、賃貸2LDK物件に住んでいて、物に押しつぶされそうなので、やはり、処分するだけにしました。

<スポンサーリンク>


ソファーを処分する時は、どうすればいいのか?

00_PP28_PP_TP_V

そこで、ソファーを処分する場合、どうすればよいのか、調べてみました。

1.市の大型ごみ回収に出す。

2.市の清掃工場に持ち込む。

3.リサイクルショップ等で、買い取ってもらう。

4.不用品業者に引き取ってもらう。

5.新品を購入した時に、引き取ってもらう。

5つの方法があることが分かりました。では、順番に見ていきましょう。

1.市の大型不ごみ回収に出す。

street-cleaning-188997__480

流れとしては、以下の通りです。

1.大型ごみ収集センターに問い合わせましょう。

住所、氏名、電話番号、回収してもらいたい品目を聞かれます。そして、回収日と手数料シールに書く番号を教えてくれます。この番号を忘れてしまうと、回収してもらえませんので、しっかりとメモをしておきましょう。

【お問合せ先】お問合せ時間:9時00分~16時30分 年末年始を除き、土・日曜、祝・休日も受け付けます。

電話:011-281-8153  FAX:011-281-4622(耳や言葉の不自由な方のみ)

2.手数料シールを購入します。

コンビニ・スーパー・ドラッグストア等で、購入します。レジで、価格を伝えると、購入することが出来ます。複数個出す場合は、まとめて、一枚でなく、不用品ごとに、購入します。購入後の払い戻しは出来ません。

3.不用品に、手数料シールを貼ります。

分かりやすい位置に、1で伝えてもらった4桁の番号を書いて貼ります。

4.回収日に、所定の位置に出します。

当日の朝、8時までに、大型ゴミ集センターへ問い合わせた時に、どこへ出すのか聞かれるので、その場所まで、自分で出します。自分で玄関先かマンションの入り口まで運び出しておきましょう。

5.業者が回収してくれます。

ちなみに、日付は決まっていますが、時間は決まっていません。それでも、その日のうちには、回収してくれます。

メリットは、自宅まで回収に来てくれることです。デメリットは、回収日を決められないことと手続きが、面倒なことです。

参照:札幌市 大型ごみ,手数料と回収してもらえるもの

2.市の清掃工場に持ち込む。

fun-car-1739324__480

車に乗せられるなら、清掃工場へ持ち込むのが、よいでしょう。駒岡清掃工場、発寒清掃工場、白石清掃工場となります。車で搬入する場合は、捨てる前後に計量します。その重さで、料金を支払います。10㎏で200円です。

メリットは、安いことと捨てようと思った日に、捨てに行けることです。デメリットは、ソファーのように大きな物を捨てる場合は、大きな車が必要なことです。車に積むことも、清掃工場で下す時も、自力でやらなければならず、手伝ってくれる人と大きな車が必要です。

3.リサイクルショップ等で、買い取ってもらう。

paying-1438142__480

ソファーの状態がよかったり、デザイナーズのものであれば、買取をしてくれるかもしれません。「出張」「見積もり無料」「札幌」と調べると、ご近所のお店がたくさん出てきます。確かに、ソファーは、一人で運ぶ出すことが難しいので、出張買取をしてもらえるのは、ありがたいです。

でも、リサイクルショップだって、ボランティアではないので、売り物にならないものは、回収してくれません。

メリットは、ソファーの状態がよかったり、買い取った後、商品として売れるものなら、売れることです。デメリットは、買い取ってもらえない時には、有料回収になることです。

ちなみに、出張買取をしてくれる店へ問い合わせたところ、我が家のソファーは、量販店のものを15年使用していているので、やはり、有料回収になるとのことでした。しかも、3人掛けなので、大きいので、回収価格は、10000円~12000円くらいになるとのことでした。多分、お店によって、対応は変わってくるかと思うので、参考にしてみてください。

4.不用品業者に引き取ってもらう。

industrial-1636399__480

3で、買い取ってもらえない場合、有料で引き取ってもらうことです。買い取り業者は、回収業者でもあるので、価格を聞いて、同意できれば、回収してもらうことも可能です。回収業者は、かなりの数がありますから、何社か見積もりしてもらって、決めるのがよいでしょう。

「ソファー」「処分」「札幌」のキーワードで検索すると、かなりの数の業者があることが分かります。どうせ、処分するだけなので、出来れば、安い方がよいですね。

メリットは、電話一本で、回収に来てもらえること、部屋から、持ち出してもらえることです。デメリットは、ソファーが購入できそうなくらいお金がかかります。

5.新品を購入した時に、引き取ってもらう。

bag-1836676__480

新品のソファーを購入すると、以前使用していたソファーを引き取ってもらえます。ある家具量販店で聞いたところ、ソファーの引き取りは、一律3000円とのことでした。

もし、新品のソファーの購入を検討されるなら、この方法も良いですね。しかし、この方法では、ソファーを購入することになるので、部屋が広くなることはありません。しかし、業者が自宅まで来て、新しいソファーを配達してくれた時に、引き取ってくれるので、体力に自信がない人にとっては、オススメです。

我が家では、結局、新たに購入し、回収してもらうことにしました。

sofa-1631828__480

結論としては、新しいソファーを購入して、3000円で引き取ってもらうことにしました。まず、市の大型ごみ収集センターへ問い合わせたところ、集合玄関の入り口まで、出して欲しいということでした。3人掛けのソファーをエレベーターなしの2階から、自力で下すことは難しいので、断念しました。

次に、回収業者に問い合わせたら、もちろん、15年も使用したソファーを買い取ってくれるはずもなく、回収するためには、1万円から1万2千円ほどかかると言われました。だって、誰も、欲しいと思わないですよね?今なら、数万円出せば、新品が購入できるのですから。

さらに、子どもたちに尋ねると、「ソファーは、必要。」とのことなので、購入することにしました。子どもたちと見て歩いて、気に入ったものがあったので、それに決めました。

ちなみに、配送は、在庫があれば、購入から、1週間ほどで、手配することが出来ます。でも、実際は、お互いの都合が合う日となりますので、結局、購入後より、10日後となりました。ちょっと、明るい色のソファーを購入したので、部屋の雰囲気が変わるかな・・・と、ワクワクしてきました。

最初は、処分する予定でしたが、結局、あちこち、問い合わせをしているうちに、購入することとなりました。今回のことで、大きな物を捨てるのは、すごく手間のかかることだと分かりました。

そして、ソファーは、長く使い、部屋の雰囲気を決めるものなので、自分の気に入ったものを買うことが、大事なのだと、改めて感じました。

こうして、処分すると決めてから、2週間。色々なところに問い合わせたり、購入しようと下見をしたり、子どもたちと一緒に、最終決定したり、ソファーのことだけでなく、本当に色々考える機会となりました。長く、家の中心に合ったソファーですが、ようやく、買い替えることが出来ました。

「今まで、見守っていてくれて、ありがとう。」そういって、見送ることにします。

まとめ

baby-toy-1853609__480

安く回収してもらいたいなら、市の大型ごみ集センターに依頼しましょう。私のように、自力でソファーを回収場所まで出せない人は、回収業者か購入して、古いソファーを回収してもらうのが、オススメです。

ソファーを処分することを決めたことによって、長く使い、部屋の雰囲気を決めるものは、気に入ったものを、手入れしながら、使っていくことが、とても大事なことに気づきました。

VIA:Pixabay,ぱくたそ

<スポンサーリンク>

コメントを残す