服を捨てるタイミングとリサイクルショップへのだしかたのコツを知ろう!

衣替えをすると、どんなに大事に着ても、「来年は、もう着ないな。」と、思う服があります。いっぱい、いっぱい着て、くたびれてしまっている服は、未練なく、捨てられるのですが、まだ、着られるのに、体形が変わっちゃった。流行遅れで、着ていると恥ずかしいし。着心地が悪い、似合わない等々の理由で、あまり出番がない服を
捨てちゃおうか、やめようか、どうせ着ることないし・・・ブツブツとか言って、なかなか捨てられないことはありませんか?

「衣替えのバカヤロー!!!」とも、言えませんし。この四季によって、私たちは、おいしい食事が食べられるのですから、文句を言っても始まりません。そんな訳で、もう、着ない服、まだ、着るかもしれない服。これから、服を減らす方法をお伝えします。

<スポンサーリンク>


服を捨てるタイミングはいつか

gatag-00003086

まず、衣替えのシーズンは、絶好のタイミングです。

参照:衣替えの服を収納するためのコツとは?子供服は?洗濯方法とは

服を捨てるタイミングとしては、しみとか汚れがあるものを探します。それから、サイズが合わない。デザイン的にもう自分には似合わない。これらは、今後、自分できることがないので、捨てることにしています。

また、新しい服を購入する時も、古い服を捨てるタイミングになります。なぜなら、古い服を捨てて、新しい服を入れるスペースを作るからです。タンスの中には、多くの洋服が入っていますが、実際に着るものは、決まっていたりしませんか?

私がそうなんですけど。そうすると、何度も、「捨てようか、とっておこうか。」と
悩むことがなくなり、片付けの時間を短縮できますね。

服を捨てる前に、リサイクルショップへ

paying-1438142__480

それでも、服を捨てられない、捨てたくないって気持ちは強いです。だって、一度も来てない服。たとえ、今後、自分が着ることがなかったとしても、そのまま捨てるって、なんだか、服に悪い気がして。そんな時は、リサイクルショップが便利です。セカンドストリートだと、スパッツなどのインナーを除けば、ほとんど服を最低一枚10円で、引き取ってくれます。

さらに、衣替えシーズンには、札幌市では、ファイバーリサイクルがあります。持ち込む場所と期間と引き取ってくれる服は決まっていますが、背広以外は、無料で引き取ってくれます。ちなみに、背広は、一枚200円で引き取ってくれます。これは、海外への郵送代になるそうです。

参照:特定非営利活動法人 環境り・ふれんず 

他には、フリマがあります。目の前で、物が売れていく感覚は、ワクワクします。自分では、使わなくなった服が、誰かの役に立つ。それは、ステキなことだと思います。

フリマって、いつでもやっているわけではありませんよね?そんな時には、フリマサイトで簡単に出品できて、欲しい人に譲ることが出来ますよ。

服を捨てるコツは~なかなか、捨てられない あなたへ

150912335966_TP_V

服を捨てないと、収納スペースに入りきらないと、分かっているのに、捨てられないということはありませんか?また、似たような服をたくさん購入してしまい、どの服を捨てたらいいのと悩んでしまったことはありませんか?このように、服を捨てられないのに、新たに服を買い足して、実は、似たような服を持っていた。・・なんて、経験はありませんか?

私は、あります。だから、自分が、どのような服を持っているかを把握しておく必要があります。そのためにも、服を捨てることが必要になります。服を捨てたい、手放したいと考えている あなた。捨てるためのコツを伝授します。

まず、『「捨てる!」技術』という本を知っていますか?そこには、このようなことが書かれています。

○見ないで捨てる

○「いつか」なんて来ない

○今すぐ捨てる

○あるものは使う、使わないものは捨てる

○「誰かの必要」は「貴方の不必要」

○収納法・整理法で解決しようとしない

○「とりあえず」は禁句

○定期的に捨てる

○使い切らなくても捨てる

まさに、「捨てる!」ためにあるような内容ですね。私のように、捨てる時に、悩んでしまう人は、ぜひとも、覚えておくと良いでしょう。また、服をため込まないようにするための1番重要なポイントは『クローゼットで眠らす前に手を打つ』・・・です。ファッションの旬というものは常に動き続けていますからね。いくら高価な服であっても旬を過ぎれば誰も見向きもしません、そうなる前に決断して処分をする事がクローゼットで眠らせないコツだと思います。

そして、『洋服は1度着てしまえばタダ同然』と理解し覚悟しておきましょう。この服高かったのにとか・気に入ってたのに、というような事を決して考えてはいけませんよ。着ない服は、あなたにとっては、価値のないものです。捨てるか、リサイクルショップへ出して、手放してしまいましょう。

まとめ

服を捨てるタイミングは、服を捨てるタイミングとしては、しみとか汚れがあるものそれから、サイズが合わない、デザイン的にもう自分には似合わないなど、今後、着ることはないだろうと思うものです。

そして、2年着ない服は、着ることがないと、腹をくくり、捨てるルールを作りましょう。そうすれば、タンスやクローゼットが洋服でいっぱいになることもありません。また、手持ちの洋服だけで、おしゃれを楽しむことも出来るようになります。

VIA:Pixabay,ぱくたそ

<スポンサーリンク>

コメントを残す